航空自衛隊の次期戦闘機「F3(仮称)」について防衛省は、エンジンを担当するIHIの共同開発相手として英ロールス・ロイスを選ぶ方針を固めた。機体や戦闘システムの開発では米ロッキード・マーチンから支援を受ける一方、エンジンは「脱米国」へ旋回した。だが、IHIからは拙速な議論を憂慮する声も上がる。戦闘機で培った先端技術は民間機にも転用できるだけに、どこまで日本が主導権を握れるか、防衛産業にとっての試金石となる。

 「次期戦闘機のエンジンはパートナーにロールス・ロイスが選ばれるということで決まりですね」

 2021年6月、英国で開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)。日本の政府高官は英国の政府首脳からこう念押しされた。英政府は以前からF3のエンジン開発への参画に猛烈なラブコールを送ってきたが、防衛省はこのほど、IHIと航空機エンジン大手ロールス・ロイスによる共同開発とする方針を固めたようだ。

IHIが開発した次期戦闘機用のプロトタイプエンジン「XF9-1」は耐熱性を高めるために金属材料から見直している
IHIが開発した次期戦闘機用のプロトタイプエンジン「XF9-1」は耐熱性を高めるために金属材料から見直している

 IHIは海上自衛隊の哨戒機「P1」など、防衛省向けのエンジン開発・生産を長年にわたり手掛けてきた。民間機では米ボーイングの中大型機「787」や欧州エアバスの小型機「A320neo」などのエンジン開発プログラムにも参画。ファンブレードや低圧タービン部品の材料開発から、高度な流体解析技術を用いた設計、そして材料の加工まで幅広い技術力を持つ。ジェットエンジンの国内市場では6~7割のシェアを握る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2317文字 / 全文2927文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「上阪欣史のものづくりキングダム」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。