中国に席巻される日本の繊維産業にあって、独自の地位を築き盤石の強さを誇るメーカーがある。丸井織物(石川県中能登町)だ。髪の毛の6分の1の極細繊維を高付加価値なテキスタイル(布地)に仕上げる技術は、名うての大手SPA(製造小売り)やアパレルブランドを引き寄せる。受託生産に飽き足らず、消費者がデザインしたTシャツなどをオンラインで生産するD2C(製造直販)にも進出して話題をさらっている。成長の原動力はマシンガンのような積極的なM&A(合併・買収)と新事業開発を若手に託す大胆さだ。

 「ん? 一体ここは?」。石川県は能登半島のおへそに位置する中能登町。記者が丸井織物の宮本米蔵副社長に連れられてやってきたのは、小高い町の丘にたたずむ、さびれた廃校だった。

 ホラー映画を思わせる外観だが、足を踏み入れるとそこにはワンダーランドのような工場が広がっていた。今も黒板が残るかつての教室、図書室や食堂だった部屋に、セイコーエプソン製のインクジェットプリンターが所狭しと並んでいる。

 丸井織物がこの工場で手掛けているのはTシャツなどのプリンティングだ。色とりどりの無地のTシャツに、インクジェットプリンターが次々と多種多様なデザインを描いていく。ベートーベンやバッハなどの肖像画が並ぶ音楽室は資材倉庫代わりだ。町とは借地契約を結んでいるが、賃料はタダという。

各教室で次々とTシャツにプリンティングされていく
各教室で次々とTシャツにプリンティングされていく

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3444文字 / 全文4048文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「上阪欣史のものづくりキングダム」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。