データセンターの新増設ラッシュや電気自動車(EV)の普及などに伴い電子機器が発する「熱」が課題になっている。熱を冷やすための電力消費量は増えており、「脱炭素」でも残る難題だが、放熱素材で革新を起こそうとするのが名古屋大学発スタートアップのU-MAP(名古屋市)だ。新素材は厄介者だったが、量産加工できるノウハウを確立。クールな技術で世界を冷ます。

 U-MAPの西谷健治CEO(最高経営責任者)の右手首は左に比べ少し筋肉がついている。その理由は後ほど明らかにするとして、西谷CEOは謎の綿菓子のような素材を私の前に差し出した。「これで私たちは世界の熱問題を解決します」。西谷CEO、とにかく笑顔がさわやかすぎるのだが、その裏には秘めた野心が見え隠れする。

 綿菓子の正体はファイバー状の単結晶窒化アルミニウムという。初めて聞いたときには何のことだかさっぱりわからなかったが、なんでもこの素材は電子機器が発する「熱」を劇的に取り除いてくれるらしい。

 近年、人工知能(AI)やIoTの進展で世界各地にデータセンターが雨後のたけのこのように出現。サーバーを冷やすための電力量はとてつもなく増えている。世界の消費電力の3~6%はデータセンター向けで、2030年には20%を占めるともいわれている。

 パソコンやモビリティーを含めれば25%になるという見方もある。それだけ電子機器の熱問題は地球に負荷をかけているのだ。その熱退治に威力を発揮するのがファイバー状の単結晶窒化アルミだという。

UーMAPは名古屋大の研究室から生まれた

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1943文字 / 全文2598文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「上阪欣史のものづくりキングダム」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。