世界各地の自動車工場が稼働停止に追い込まれるなど、半導体不足が深刻化している。そこに新たなリスクが浮上した。半導体の材料となるシリコンウエハーが足りなくなっているのだ。需要の急増に対応しきれず、2023年には供給不足に陥るとの懸念が業界で広がる。半導体大手は矢継ぎ早に増産を催促するが、ウエハー世界2位のSUMCOなどは慎重姿勢を崩さない。背景には市況に踊らされない固い意志と、技術に裏打ちされた高い参入障壁がある。

 「在庫がどんどん減っている。早く増産投資してくれないか」。SUMCOには2月以降、半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)から生産増強の要求が日増しに強まっている。主に先端品の製造に使う直径300mmタイプのシリコンウエハーの逼迫感が強まっているからだ。

 SUMCOの推計によると、世界の半導体メーカーは平均で、2020年初頭に300mmウエハー在庫を1.6カ月分保有していた。一方で足元の2月は1.3カ月分まで減少した。「CPU(中央演算処理装置)や機器制御に使うロジック半導体向けで、需要に供給が追いつかない状況になっている」(SUMCOの橋本真幸会長兼最高経営責任者=CEO)。

SUMCOが手掛けるシリコンウエハーは不足感が鮮明
SUMCOが手掛けるシリコンウエハーは不足感が鮮明

 世界では半導体不足が深刻だ。スマートフォンに加え、在宅勤務の増加でパソコン向けの需要が急増。デジタルトランスフォーメーション(DX)を背景に、人工知能(AI)やIoTなどでも引っ張りだこで、TSMCや米インテルでは連日フル生産が続いている。電気自動車(EV)の市場拡大も今後、増産に拍車をかける。

2023年に1割不足も

 特にスマートフォン向けの300mmウエハー需要は、4Gから高速通信規格(5G)への置き換えもあり、24年には20年比で3割程度増える見通しだ。ウエハーメーカーが今年中に需要に見合った大規模な投資決定をせず、23年に供給能力が増えていなければ、同年の300mmの月当たりの需要予測750万枚に対し1~2割ほど足りなくなる。

 「このままでは近い将来ウエハーが手に入らない」。TSMCやインテルを筆頭に、半導体大手は焦燥感に駆られ始めた。ウエハー工場の建設から安定量産に入るまで2年ほどはかかる。今年にも建設に着手しなければ、2年後には半導体の材料不足に陥りかねない。

 一方でSUMCOは落ち着き払っている。橋本CEOは「値上げが通る見込みがなければ工場の新設はしない」と断言する。理由は大きく2つある。

続きを読む 2/2 世界シェアの55%を日本勢が占める

この記事はシリーズ「上阪欣史のものづくりキングダム」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。