今、インフレは世界経済の大きな懸念要素の1つだ。日本では物価上昇が「持続的でない」(日銀)として金融緩和が続く。だが、各種の統計からは、物価上昇が行き過ぎる兆しも見え隠れする。

 「物価目標の持続的・安定的な実現には至っていない」――。日銀の黒田東彦総裁が大規模金融緩和を維持する理由だ。直近では7月21日の金融政策決定会合後の会見でも同じ見方を繰り返した。

(写真=毎日新聞社/アフロ)
(写真=毎日新聞社/アフロ)

 だが果たしてこのまま現状を維持することが妥当なのか。いちよし証券の愛宕伸康チーフエコノミストは「(中銀が目的の1つとする)物価の安定は崩れている」と指摘する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り968文字 / 全文1233文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「三田敬大のマーケット目線で読む世界」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。