テレビドラマ日曜劇場「ドラゴン桜」は、原作のマンガとはまた一味違った脚本が面白く、私も毎回ワクワクしながら見ています。5月2日に放映された第2話で注目したのは、バドミントン部員の岩崎楓(平手友梨奈:写真上)。原作にはないオリジナルキャラクターです。

 楓は、オリンピック出場も夢ではないほどのトップ選手でしたが、けがでオリンピックのステップである大学推薦の機会を失ってしまいます。そこで目標を「東大」に定め直し、桜木建二(阿部 寛)に「私を東大に合格させて」と頼むのです。

 しかも、「東大でスポーツ医学を勉強し、けがを克服して改めてオリンピックを目指す」という、「いいところ取り」を宣言します。

 「けがで挫折して、そこから転がるように人生が駄目になってしまった」という話は残念ながらよく聞きます。しかし楓は逆に“より壮大な夢”を語るところを見ると、FFS理論(開発者:小林惠智博士、詳しくはこちら)で言うところの、「拡散性」が高い人物だろうと推察できます。

 また、挫折してグダグダと悩むよりも、最短で気持ちを切り替え、白黒はっきりさせて前に進もうとするとするところから、「弁別性」の高さも感じられます(これはあくまで、ドラマの中の楓という登場人物を観察して診断した結果です)。

 楓が「拡散性・弁別性」の高い人物だとすると、このタイプの特徴は、「合理的に白黒はっきりと分けようとするところがあり、また自分の興味ですぐに動こうとし、立ちはだかる壁を壁とも思わない」という個性の持ち主です。

岩崎楓の性格は「拡散性」「弁別性」――さらに詳しく

●「弁別性」の高い人(参考:「褒めてくれない“冷たい上司”とストレスなく付き合うには」)

●「拡散性」の高い人(参考:「『興味ないんで』と言い放つ部下をどうしよう」)

FFS理論による個性と強み、弱みの分析について詳しくお知りになりたい方は『宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み』をご覧ください。

スポーツばかりしてきた子が、勉強もできることが多いのは?

 高校時代にスポーツやダンス、音楽などで日本のトップクラスになる人は、たいてい子どものころ(未就学児)からそれらの訓練を始めています。ですから、同じ世代の子どもと比較すると、勉強に費やす時間は限られているはずです。

 にもかかわらず、何か一芸に秀でた子どもは、「勉強ができる子」が多いのです。

 事実、「スポーツ選手には大卒が多い」というデータもあります(出典:『スポーツの世界は学歴社会』(PHP新書)橋本俊詔、齋藤隆志著)。
 スポーツと勉強の二刀流。それを可能にする要因は何なのでしょうか?

 スポーツができる子どもの特徴として、「運動神経が良い」「反射神経が良い」「機転が利く」などが挙げられます。「センスがいい」とも言えます。

 一方で、「いや、そうではない。私はドンくさいから、人よりも多く練習をした」という人もいるでしょう。それはそれで“身体が自然に反応するくらいに覚えている”状態にまで練習を繰り返したのです。つまり、コツコツと積み上げて、できるようになった、ということです。

続きを読む 2/4 才能だけでも、努力だけでも、成功しない

この記事はシリーズ「『ドラゴン桜』で学ぶ「学び型」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。