「努力したいのに続かない」「学ぶことに興味が持てない」――。自分の子ども、そして社会人にとっても「学び」の壁が高いのは、自分自身の個性とマッチした「学び型」を使っていないからかもしれない。人気コミックの『ドラゴン桜』『ドラゴン桜2』(三田紀房作)、そしてテレビドラマ「ドラゴン桜」を題材に、自分の個性に合わせた学習方法を考えていく。

(©Norifusa Mita / Cork 構成:前田 はるみ)