認知症は40代50代からの予防が重要だ。若い頃からの認知症治療や研究に取り組む医師らの啓発団体「40代からの認知症リスク低減機構」は、8月27日に「脳寿命を延ばす いまの状態を把握し、対策を考える ~脳と腸からはじめる認知症予防の可能性」と題するオンラインメディアセミナーを開催した。前回記事(「認知症の予防は40代から! 脳の老化を防ぐ5つのポイントとは?」)に引き続き、講演の内容を紹介する。

 近年、腸の不調が脳に影響を及ぼすことが注目され、腸内細菌のコントロールが認知症予防につながるのではと言われ始めた。今回は、国立長寿医療研究センター もの忘れセンター 副センター長の佐治直樹さんに、認知症と腸内細菌の関係について解説していただいた。

腸内環境が脳にも影響を与える?(写真はイメージ=123RF)
腸内環境が脳にも影響を与える?(写真はイメージ=123RF)

認知症の危険因子とは

 「認知症は、軽度認知障害[MCI(*1)]の段階で食い止めることが大切ですが、今のところMCIの段階で使える有効な薬はありません」と佐治さんは説明する。「認知症の危険因子には、年齢、遺伝子のように修正できない項目と、生活習慣など修正できる項目があります。修正できる項目は40%で、そのうち5%は高血圧、肥満、飲酒、糖尿病など食事が関わるものです」という。

 「認知症疾患診療ガイドライン2017」には認知症の防御因子として、適度な運動、余暇活動、社会的参加などとともに食事因子が挙げられているが、実際にはどんな食事がいいのか、どういう献立がいいのかなど、具体的にイメージしにくいという人も多いだろう。

脳と腸はつながっている?

 食べ物と脳の関係を解き明かすために、佐治さんは腸内細菌に注目した。食事は腸内環境に影響を与える。腸内細菌やその代謝産物から、脳と腸が互いに影響を及ぼし合う関係(「脳腸相関」や「腸脳相関」と呼ばれる)を調べていけば、食事が認知症に与える影響も分かってくると考えたからだ。

 腸内細菌と脳の病気の関係については近年研究が進んでいる。例えば2021年2月には有名な科学誌「nature」が、腸内細菌と様々な精神疾患との関係についての記事を掲載した。そのほかにも、アルツハイマー型認知症、多発性硬化症、パーキンソン病、脳卒中などが、腸内細菌と関係するのではという報告があるという(*2)。

 「ヒトの脳腸相関については、様々な経路が想定されています。神経系活性経路や、免疫経路、内分泌の経路、代謝産物の経路などです。私は、腸内細菌が代謝する物質が脳に影響するという代謝産物経路に興味を持っています。脳に影響する経路が分かれば、それをうまく調整することで脳の機能を保護することにつながるのではと考えています」(佐治さん)

*1 MCIは「Mild Cognitive Impairment」の略。
*2 Lancet Neurol. 2020 Feb;19(2):179-194.
続きを読む 2/2 腸内細菌の代謝産物と認知症との関係は?

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。