認知症は40代50代からの予防が重要だ。若い頃からの認知症治療や研究に取り組む医師らの啓発団体「40代からの認知症リスク低減機構」は、8月27日に「脳寿命を延ばす いまの状態を把握し、対策を考える ~脳と腸からはじめる認知症予防の可能性」と題するオンラインメディアセミナーを開催した。
 当日は認知症をテーマにした3つの講演があり、それらを3回にわたって掲載する。まず今回は、アルツクリニック東京院長で順天堂大学名誉教授の新井平伊さんに、認知症の早期発見と予防法のポイントを解説していただいた。
働き盛り世代でも物忘れが増えてきたら、大丈夫かなと心配になるだろう。脳の老化のサインを見つけて早めに対処しよう(写真はイメージ=123RF)。
働き盛り世代でも物忘れが増えてきたら、大丈夫かなと心配になるだろう。脳の老化のサインを見つけて早めに対処しよう(写真はイメージ=123RF)。

認知機能低下を早期発見しよう

 認知症の代表的なものにアルツハイマー型認知症があるが、昔は、健康かアルツハイマー型認知症かの2つの分け方だった。しかし、健康な人がいきなりアルツハイマーになるわけではなく、最近では、認知機能が落ちてきた「軽度認知障害[MCI(*1)]」と、さらにその前段階の「主観的認知機能低下[SCD(*1)]」があり、4つの段階に分けて考えられているという(下グラフ)。

昔はアルツハイマーか、健康かの2つの段階しかなかないと考えられていたが、最近では、アルツハイマーになる前に、軽度認知障害(MCI)と主観的認知機能低下(SCD)があると考えられている。つまり「未病」にも3つの段階があるという。
昔はアルツハイマーか、健康かの2つの段階しかなかないと考えられていたが、最近では、アルツハイマーになる前に、軽度認知障害(MCI)と主観的認知機能低下(SCD)があると考えられている。つまり「未病」にも3つの段階があるという。

 認知症は、ある日突然発症するわけではなく、徐々に進行していく。中でも、アルツハイマー型認知症で原因として考えられているのは、ある物質が脳の中にたまっていくからという。

 「アルツハイマー型認知症は、アミロイドβタンパクが脳に蓄積し、脳神経に障害を起こして発症すると考えられています。発症の20年くらい前から、アミロイドβは脳の中にたまりはじめます。そのためMCIやSCDの段階で気づいて予防することが大切です」と新井さんは言う。

*1 MCIは「Mild Cognitive Impairment」の略で、SCDは「Subjective Cognitive Decline」の略。

 次のような症状は脳の老化のサインかもしれないので、早めに気づくようにするとよいそうだ。

  • なぜかイライラする
  • 眠れなくなる
  • 外出がおっくうになる
  • 趣味に楽しみを感じなくなる
  • ど忘れが増える
  • 同じことを何度も聞くようになる
  • 頭痛や胃痛がある

 自分の脳の老化に気づくためには、認知機能をチェックするのもいい。例えば、「認知症ねっと」では、ウェブ上で無料で認知機能をチェックできる。気になる人は試してみよう。

続きを読む 2/2 もし脳の衰えを感じたら? 老化を予防する

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。