中年期に握力が低かった人ほど、その後認知機能に問題が生じるリスクが高いことが、英国の中高年男女約20万人を対象とした研究(*1)で明らかになりました。

握力は全身の健康状態を反映します。(写真=PIXTA)
握力は全身の健康状態を反映します。(写真=PIXTA)

筋トレをすれば将来の認知症を予防できる?

 近年、「筋力と認知機能の間には関係がある」とする報告が相次いでおり、筋トレによって認知症を予防できるのかどうかに対する関心が高まっています。しかし、筋トレの認知機能への影響を明確に示した研究はありませんでした。

 筋力と認知機能の関係が明らかになれば、中年期から筋トレに取り組むことで、多くの人が将来的な利益を得られる可能性があります。筋力の中でも握力は、握力計があれば簡単に測定できる上に、全身の健康状態を表すことを示した研究結果が報告されているため、筋力の指標として信頼できます。

 そこで米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者らは、認知機能が正常な英国の中高年男女を対象に、握力と、その後の認知症発症、認知機能の低下との関係を調べ、さらに頭部MRI検査で観察された脳の変化との関係も検討しました。

 対象としたのは、2006~2010年に英国の「UK Biobank」という観察研究に参加し、握力測定を受けていた、認知機能が正常な39~73歳の男女19万406人(平均年齢56.5歳、54%が女性)です。これらの人たちを、中央値で11.7年追跡しました。

 握力と認知機能の関係に影響を及ぼす可能性のある要因として、年齢、人種、学歴、居住地域の貧困度、運動習慣、BMI(体格指数)、全体的な健康状態、血圧などに関する情報も収集しました。

次ページ 握力が低いほど認知症発症リスクは上昇