アイスクリームなどのスイーツで定番人気の抹茶だが、飲み物として日常的に飲む人は少ないかもしれない。「抹茶の機能性を探る『抹茶と健康研究会』を2017年よりスタートし、新たな知見が明らかになってきました」とネスレ日本ウエルネスコミュニケーション室室長の福島洋一さん。私たちが知らない抹茶のパワー、アンチエイジングの可能性について聞いた。
近年、抹茶の健康効果について新たなエビデンスが集まりつつある。(写真はイメージ=123RF)
近年、抹茶の健康効果について新たなエビデンスが集まりつつある。(写真はイメージ=123RF)

抹茶ならではの3つの特徴。緑茶より栄養成分をたっぷり含む

 前回は、世界で注目されている緑茶の健康効果についてお伝えした。

 さらに今、国内で新たなエビデンスが集まりつつあるのが「抹茶」の機能性だ。

 福島さんは、2017年より「抹茶と健康研究会」の設立に携わり、2017年から開始した助成研究公募では、3カ年で国内合計20研究が実施されてきたという。「抹茶には煎茶などの一般的な緑茶よりも豊富な栄養成分が含まれているにもかかわらず、あまりにも抹茶としてのエビデンスが少ないことから助成研究を開始しました」(福島さん)

 抹茶と緑茶の違いは、茶葉の栽培方法(収穫前の遮光など)や飲み方の違いにあり、それが成分の違いにつながるという。

 「煎茶は湯で茶葉の成分を抽出しますが、抹茶は粉を湯で溶いてまるごと、しかも濃い状態で飲むという違いがあります。このため以下のような成分の違いがあります」(福島さん)

1

抹茶は茶カテキンを緑茶の約2杯分含む

2

うま味成分のアミノ酸、とくにテアニンが豊富

3

湯で抽出する緑茶には含まれないルテイン、ビタミンKがとれる

(データ:日本食品標準成分表2020年版(八訂),ネスレ提供)
(データ:日本食品標準成分表2020年版(八訂),ネスレ提供)

 まずは、抹茶に含まれる成分について見ていこう。上記の表から見てわかるように、煎茶には含まれないルテインビタミンKが抹茶には含まれる。「抹茶1杯には約1mgのルテイン(色素成分)が含まれます。ルテインもカテキンと同様、抗酸化作用を持ち、特に目の網膜に沈着してブルーライトから目を守る働きが知られています。体内では合成できないので食事から摂取する必要がある重要な成分です」(福島さん)

続きを読む 2/4 抹茶1杯で1日のルテイン摂取量が倍増

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。