しょっちゅうトイレに行きたくなる、ふとしたはずみに漏らしてしまう、夜中にトイレのために起きる…。そんな尿の悩みを、実に多くの中高年が抱えています。尿の悩みは人に相談しづらく、「ある程度の年齢になれば仕方のない」と諦めている人も少なくないでしょう。そこで、新刊書籍『尿もれ、頻尿、前立腺の本』(日経BP)の内容を基にその解決策を探っていきましょう。今回は、男性の尿トラブルに深く関わる臓器である「前立腺」について、日本医科大学付属病院泌尿器科部長の近藤幸尋さんによる解説を紹介します。
前立腺は男性にのみある臓器。膀胱の下に位置し、くるみほどの大きさだ(画像=123RF)
前立腺は男性にのみある臓器。膀胱の下に位置し、くるみほどの大きさだ(画像=123RF)

知っているようで知らない「前立腺」

 これまでこの連載でも述べられてきたように、男性の尿トラブルには「前立腺」が深く関わっています。前立腺が男性にしかない臓器だということは、多くの人がご存じだと思います。ただ、「前立腺はどんな臓器?」と聞かれたとき、答えられる人はそう多くはないでしょう。そこで今回は、知っているようで知られていない、前立腺について解説していきたいと思います。

高橋悟ほか監修『尿もれ、頻尿、前立腺の本』
高橋悟ほか監修『尿もれ、頻尿、前立腺の本』

 前立腺は男性にしかない臓器で、生殖器の一部です。同じ生殖器でも陰茎や睾丸(精巣)は目で見たり、手で触れたりすることができますが、前立腺は下腹部の奥、膀胱のすぐ下にあるため、外から見たり触れたりすることはできません。膀胱から陰茎に向かって伸びる尿道の根元の部分を取り囲んでいて、くるみや栗の実程度の大きさとよくいわれます。具体的には、一般的な成人男性の前立腺の体積は20mL程度です。

 前立腺には、精液の一部となる「前立腺液」を分泌するという働きがあります。前立腺液にはたんぱく質分解酵素が含まれていて、精子のまわりのたんぱく質を溶かすことで、精子を活性化させます。また、女性の生殖器内に送り込まれると、精子を守る働きもします。

男性にしかない前立腺
男性にしかない前立腺
(原図=123RF)

次ページ 前立腺が肥大することで排尿障害が起きる