数々の五輪選手を指導しているフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さん。今回の東京五輪で、メダル候補とされていた日本人選手が早々に敗退してしまうシーンが目立ったことに関連して、 アスリートが大きな大会に向けて行う調整の難しさと、メンタルヘルスの問題について解説していただきます。
メダルをめぐる競争は、選手のメンタルヘルスにも大きな影響を及ぼす(写真はイメージ=Pavel Byrkin-123RF)
メダルをめぐる競争は、選手のメンタルヘルスにも大きな影響を及ぼす(写真はイメージ=Pavel Byrkin-123RF)

今月の質問 メダル候補が早々に敗退するのは重圧のせい?

 40代のスポーツ観戦好きの男性です。

 コロナ禍で賛否両論の中、開催された東京五輪は、さすが世界のトップ選手が一堂に会する大会とあって、連日ハイレベルな試合を堪能しました。

 ただ、メダル候補と目されていた日本の選手が、早々に敗退してしまうシーンが目立ったことが気になりました。

 やはり五輪のような大きな大会で選手にかかる重圧というのは、特別なのでしょうか? 五輪選手も指導しているフィジカルトレーナーの中野さんにぜひ聞きたいです。

自国開催で実感したメディアの過熱ぶり

 私はこれまで、いくつもの五輪大会にわたって、何人もの選手を指導してきました。

 2012年のロンドン大会、2016年のリオデジャネイロ大会では、出場する選手に帯同し、現地にいました。

 ですから、今年の東京大会では、「五輪一色」ともいえる日本の報道に驚きました。こんなにメディアが五輪について熱狂的に報道しているとは知らなかったのです。

 テレビは終日、日本人選手の試合をリアルタイムで中継するだけでなく、夜にはその日の試合のハイライトを放送します。新聞もウェブメディアもそしてSNSも、五輪情報にあふれ、その過熱ぶりに抱いた感想は「スゴイ」の一言でした。

 ロンドンやリオでは、当然ですが、現地のメディアで取り上げられるのは開催国の選手が多く、日本人選手の試合がテレビで放送されたり、活躍がメディアに大きく取り上げられたりすることはありません。日本の様子もまったく伝わってこなかったため、「ひょっとして、日本ではまったく盛り上がっていないのでは?」と感じるほど、選手の周囲は静かでした。

 そのため、東京大会は「ホーム開催」というアドバンテージがある一方で、選手にはいつも以上に「絶対に結果を出さなければいけない」というプレッシャーがあったと思います。特に確実にメダルが狙えるといわれる選手にかかる重圧は、ものすごく大きかったことでしょう。

続きを読む 2/3 トップ選手でもなぜ「調整がうまくいかない

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。