レジリエンスが低いと病気やケガの経過がよくない

 一方で、レジリエンスが低いと、さまざまな疾患やケガなどの治療における経過が良くないということもわかってきています。では、レジリエンスが高い、強い(ある)と何が良いのでしょうか。具体的な例を見ていきましょう。

「ストレスとレジリエンスの高低」が「仕事に与える影響」をグラフ化。「転帰」とは疾患の経過や結果のことを言います
「ストレスとレジリエンスの高低」が「仕事に与える影響」をグラフ化。「転帰」とは疾患の経過や結果のことを言います
[画像のクリックで拡大表示]

Dr. 渡邊 この図は2017年の米国での調査によるもので、ストレスとレジリエンスの高低が、仕事に与える影響(=転帰。疾患の経過や結果)を表しています。

図の棒グラフの

  • 「高負荷」とは仕事の要求水準が高く、サポートが少ない環境の場合、
  • 「低負荷」とは仕事における負荷が低い環境での場合、

を表しています。

レジリエンスが高いとストレスに強く、うつ病にもなりにくい

 青い棒グラフが低レジリエンスの人たち、赤の棒グラフは高レジリエンスの人たちを表し、例えば、左上の「ストレススコア」グラフでは、仕事の要求水準が高い環境(高負荷)と、仕事の負荷が低い環境(低負荷)のどちらの状況においても、レジリエンスが低い人たち(青い棒グラフ)は、高レジリエンスの人たち(赤い棒グラフ)よりも、ストレスを多く受けていることを示しています。

 同様に、「燃え尽き」や「うつ病の可能性」、「睡眠問題」といった健康にかかわる問題に対して、レジリエンスが低い(青棒)人たちの方が、転帰=疾患の経過や結果が不良となっています。

 一方で、左下の「仕事の満足度」グラフのみ、レジリエンスが高い(赤棒)とレジリエンスが低い(青棒)人たちよりも仕事の満足度が高いと示しています。

 つまり、職場においてさまざまな状況に遭遇した場合においても、レジリエンスが高い人たちは、レジリエンスが低い人たちよりも、ストレスを受けにくく、うつ病になりにくく、睡眠問題や生産性の低下といった問題も少ない。一方で、レジリエンスが低いと「燃え尽き」や「うつ」「睡眠問題」などの問題を抱えやすいということがわかった調査結果となっています。

Dr. 五十嵐 渡邊先生のお話を聞いてみると、レジリエンス力が高いか低いかということが、病気だけではなく、健康に関しても大きく影響していることがわかりました。したがって、うつや睡眠問題などを抱えている人たちが、そうした健康課題を改善させるには、レジリエンス(回復力)に関わる要素を刺激するなどして、レジリエンスを高めることが有効だということを教えていただきました。

 次回は、自分のレジリエンス(回復力)を高めるには、どうしたらよいのか、具体的な対策などについて渡邊先生に教えていただきたいと思います。

(まとめ:福井弘枝=フリーライター)

五十嵐良雄(いがらし よしお)さん
東京リワーク研究所所長。精神科医・医学博士。医療法人社団雄仁会理事長
五十嵐良雄(いがらし よしお)さん 1976年、北海道大学医学部卒業。埼玉医科大学助手、秩父中央病院院長などを経て、2003年メディカルケア虎ノ門開設。2004年、医療法人社団雄仁会 理事長就任。2008年、うつ病リワーク研究会発足、代表世話人に就任。2018年、一般社団法人日本うつ病リワーク協会理事長に就任。現在、メディカルケア大手町・メディカルケア虎ノ門で診療にあたる。
渡邊衡一郎(わたなべ こういちろう)さん
杏林大学医学部精神神経科学教室/教授、日本精神神経学会専門医・指導医、日本臨床精神薬理学会専門医・指導医、精神保健指定医
渡邊衡一郎(わたなべ こういちろう)さん 1988年、慶應義塾大学医学部卒業。国家公務員共済組合連合会立川病院神経科、慶應義塾大学病院医学部専任講師(精神神経科学教室)などを経て、2012年に杏林大学医学部准教授(精神神経科学教室)、2014年杏林大学医学部教授(精神神経科学教室)に就任。現在、杏林大学医学部付属病院・精神神経科にてうつ病(特に難治性)や双極性障害、統合失調症を初めとしたさまざまな治療にあたっている。

[日経Gooday(グッデイ)2022年8月12日掲載]情報は掲載時点のものです。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

日経Gooday(グッデイ)は、健康・医療の最新情報をお届けする総合サイトです。有料会員になると、専門家に徹底取材した運動・筋トレ、食事、病気予防などの特集・連載記事に加えて、「専門家への24時間電話相談」「名医紹介サービス」「健診結果のAI予測」などをご利用いただけます。詳しい情報はこちらから