次に、コーヒーの摂取と死亡の関係についても同様に検討しました(表2)。年齢、性別、緑茶の摂取頻度、高血圧の有無、糖尿病の有無、BMI、喫煙習慣、飲酒習慣、運動習慣、精神的なストレスの有無、学歴、雇用状態、食習慣(野菜、魚、果物、大豆の摂取)などの要因を考慮して分析したところ、脳卒中または心筋梗塞の経験のない人々において、コーヒーの摂取量が多いほど死亡リスクが低くなる傾向が見られました。心筋梗塞の経験者にも同様の関係が認められました。死亡リスクの低下は主に、心血管疾患による死亡の減少に起因していました。しかし、脳卒中の経験者では、コーヒーの摂取と死亡の間に有意な関係は見られませんでした。

表2 コーヒーの摂取と死亡リスクの関係
表2 コーヒーの摂取と死亡リスクの関係
[画像のクリックで拡大表示]

 著者らによると、脳卒中経験者における緑茶の摂取と死亡の関係を示した研究は、これが初めてだそうです。今回の分析結果は、脳卒中、心筋梗塞という病気を経験した後の患者の健康に、緑茶が利益をもたらす可能性を示しました。

 一方で、コーヒーの摂取は、それらの経験がない人と、心筋梗塞経験者に有益である可能性が示されました。研究者たちは、「緑茶とコーヒーの摂取と死亡リスクの低下の間にあるメカニズムについて、さらに研究を行う必要がある」との考えを示しています。

 論文は、Stroke誌2021年2月4日号に掲載されています(*1)。

大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにしじゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

[日経Gooday(グッデイ)2021年7月7日掲載]情報は掲載時点のものです。

日経Gooday(グッデイ)は、日本経済新聞社が運営する、健康・医療に関する総合サイトです。「からだにいいこと、毎日プラス」をキャッチフレーズに、セルフケアを中心とした最新情報・メソッドのほか、検索・辞書機能も提供します。

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。