女性では飲酒量が増えてもアルツハイマー病リスク上昇なし

 さらに著者らは、飲酒量とアルツハイマー病リスクの関係を検討するために、用量-反応関係を調べました。対象にしたのは、研究に参加した人たちを飲酒量に基づいて3群以上に分類し、分析していた6件の研究です。

 横軸を1週間あたりの飲酒量とし、縦軸を非飲酒者と比較したアルツハイマー病リスクとして、6件の研究のデータをプロットしたところ、飲酒量とアルツハイマー病リスクの間には非線形の関係(直線的な関係ではなく、複雑な曲線パターンが描かれる関係)が認められました。

 全体では、飲酒量が1週間に12.7ドリンク(*2)より少なければ、アルツハイマー病リスクは非飲酒者より低く、週に12.7ドリンクより多くなるにつれてアルツハイマー病リスクは上昇する可能性は示唆されましたが、どの飲酒量においても、アルツハイマー病リスクの上昇または低下は有意ではありませんでした。

 次に、男女を分けて同様に分析しました。男性では、非飲酒者と比較すると、週に5.1ドリンクまでは、飲酒量が増えるにつれてアルツハイマー病リスクが低下する傾向が見られましたが、統計学的に有意な差は見られませんでした。週に5.1ドリンクを超えるとリスクは上昇に転じ、週におおよそ12ドリンクを超えると、非飲酒者よりもリスクが高くなる可能性が示唆されました。さらに、週に14.8ドリンク以降は、飲酒量の増加に伴うアルツハイマー病リスク上昇が有意になりました。推定されたアルツハイマー病リスクは、週に15ドリンク(週にビールの350mL缶11本弱)で非飲酒者の2.12倍になりました。

 女性の場合は、飲酒量が週に9.9ドリンクになるまではアルツハイマー病リスクが低下していき、それ以降は、リスクはほぼ一定から緩やかに上昇に転じていましたが、16.9ドリンク(週にビールの350mL缶12本程度)に至るまでは、非飲酒者と比較したアルツハイマー病リスクの低下は有意でした。今回分析対象となった女性においては、飲酒量がさらに増加しても、男性のような有意なリスク上昇は認められませんでした

 今回の研究では、飲酒量とアルツハイマー病リスクの間には、線形ではなく非線形の関係があり、ある程度までの飲酒は保護的に働く可能性があること、アルツハイマー病と飲酒の関係は性別によって異なることが示されました。しかし、飲酒がアルツハイマー病リスクに及ぼす影響に性差がある理由は不明です。著者らは、より厳格な設計の研究を行って、今回得られた結果を確認する必要があると述べています。

*2 1ドリンクは純アルコール10g。2ドリンクはビール500mL(アルコール度数5%)、ウイスキーダブル(60mL、アルコール度数43%)などに相当する。12ドリンクはビール500mL缶を週に6本、あるいはウイスキーダブルを週に6杯飲んだ場合に相当。
大西淳子(おおにし じゅんこ)
医学ジャーナリスト
大西淳子(おおにし じゅんこ) 筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

[日経Gooday(グッデイ)2022年6月15日掲載]情報は掲載時点のものです。

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

日経Gooday(グッデイ)は、健康・医療の最新情報をお届けする総合サイトです。有料会員になると、専門家に徹底取材した運動・筋トレ、食事、病気予防などの特集・連載記事に加えて、「専門家への24時間電話相談」「名医紹介サービス」「健診結果のAI予測」などをご利用いただけます。詳しい情報はこちらから