コロナ禍で働き方改革が進み、「満員電車に乗らなくてよくなった」「嫌な上司や同僚と顔を合わせずに済む」などの声が聞かれる一方で、むしろストレスが増えたと訴える人も少なくない。

 「ストレスの原因は、会社という組織そのものに根差している」

 そう語るのは、最新刊『「会社がしんどい」をなくす本 』を出版した精神科医・産業医の奥田弘美さん。奥田さんは現在、約20社で産業医を担当。これまでに2万人以上のメンタルヘルスをサポートしてきた。

 奥田さんの著書から、今も昔も変わらない働く人の心身のトラブルについて探っていこう。 

健康診断で高血圧を指摘されても、放置しているビジネスパーソンは多いが…。(写真:123RF)

 こんにちは。精神科医・産業医の奥田弘美です。

 今回はまず、私が研修医時代に出会った、忘れられない患者さんについて話をしたいと思います()。

 Fさんは証券会社の営業マンでした。

 若いときからバリバリと業績を上げ、大型支店の支店長を務めること数年、支店の業績がかつてないほど好調になり、そのお祝いのパーティーでのことでした。

 乾杯した途端に、Fさんはバタンと倒れて病院に搬送されてしまったのです。

 緊急検査の結果は、広範囲の脳梗塞。実はFさんは、30代後半から高血圧を指摘されていたのに、治療を拒否していたそうです。

 エピソードでは、個人や団体が特定されないように情報を適宜加工しています

口癖は「血圧はその気になれば自分で下げられる」

 Fさんは、健康診断を受けるたびに高血圧を治療するように言われていたのですが、大の病院嫌いで薬嫌い。

 「血圧の薬を飲み始めると、一生飲まなくてはならなくなる。薬には副作用もあるし怖い。ダイエットや運動をすれば、これぐらいの血圧なんて自分で下げられる」と言い続けて、高血圧を放置していました。

 家族の話では、Fさんは支店長になってから多忙を極めた毎日を送り、連日深夜に帰宅し、土日もめったにゆっくり過ごすことなくしょっちゅう接待ゴルフやイベントなどに精力的に出かけていたそうです。

 40代を過ぎてからも高血圧はじわじわと悪化し、170/100mmHgを超える状態になっていました。

 本来はこのような高血圧の社員がいたら、産業医から受診するよう指導が入ったり、血圧が下がるまで残業制限などの就労制限措置がなされたりします。しかしこの会社は、本社にこそ産業医がいたのですが、支店までは指導が十分に行き届いていなかったようでした。

 Fさんは高血圧を放置した結果、動脈硬化が進行し、また不規則な生活のために、コレステロールや中性脂肪の数値も悪化していました。そしてある日、Fさんの脳血管はとうとう詰まってしまい、大きな脳梗塞を起こしてしまったのでした。

 左大脳半球の広範囲に及ぶ脳梗塞であったため、Fさんは2週間ほど生死の境をさまよい、命は取りとめたものの、右半身のマヒが残り右腕も右脚も全く動かなくなってしまいました。

 さらに脳の言語中枢もダメージを受け、言葉が十分に話せなくなりました。言語中枢がやられると、思っている言葉が出なくなったり(運動性失語)、相手の言葉が理解できなくなったりします(感覚性失語)。

 Fさんは、命こそは取りとめましたが、右半身のマヒと失語症のため働くことができない体になってしまったのです。

続きを読む 2/3 社員には健康診断を受ける「義務」がある

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。