足指もしっかり動かすのが大切

 もう一つ、柔らかさが必要なのは「足指」です。「足指を動かす筋肉には、アーチを維持する役割を持った筋肉が多い。だから、しっかり足指を動かすことが大切です。また、歩行時に足指を柔らかく使い、足の親指でしっかり蹴り出していると、下肢静脈瘤や巻き爪の予防にもつながります」と菊池守さん。

 たかが足指と思うなかれ、ヨガやフィットネスのクラスなどで行われるグーチョキパーの動きも、足の健康、歩く力の維持に、重要というわけです。

足のグーチョキパーは足の内在筋トレーニングの一つ。チョキは親指を下にする方法もできるといい。左右とも、グーチョキパーを10回ずつ繰り返す
足のグーチョキパーは足の内在筋トレーニングの一つ。チョキは親指を下にする方法もできるといい。左右とも、グーチョキパーを10回ずつ繰り返す

 「歩くことは、最高の健康法であり、〇〇に行きたいという気持ちをかなえる移動機能でもあります。私たちは歩く力を保つことは、健康寿命を延ばすことにつながると考えています」と久道さん。まずは、「アキレス腱伸ばし」から試してみませんか。

 書籍では、歩く力を保つためのエクササイズやマッサージ、さらに足の病気や不調を防ぐ方法を、カラーイラストとともに紹介。女性に多い外反母趾や巻き爪、下肢静脈瘤、扁平(へんぺい)足から、足底腱膜炎、水虫、糖尿病や痛風による足のトラブルについて、そのメカニズムと簡単なセルフケアを網羅しています。

(文/日経ヘルス 白澤淳子、イラスト/内山弘隆)

“歩く力"を落とさない! 新しい「足」のトリセツ

下北沢病院は、日本で唯一の「足」の総合病院。米国の足病医学を参考にしているのが特徴です。そこで多くの人に勧めるのが「アキレス腱伸ばし」。これが、足の老化や病気を防ぐのです。本書は、下北沢病院の医師たちがまとめた長く歩き続けるために役立つ「足」のトリセツです。


著 者:下北沢病院医師団
出 版:日経BP
価 格:1,595 円(税込み)

[NIKKEI STYLE 2020年12月27日の記事を再構成]

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

日経Gooday(グッデイ)は、健康・医療の最新情報をお届けする総合サイトです。有料会員になると、専門家に徹底取材した運動・筋トレ、食事、病気予防などの特集・連載記事に加えて、「専門家への24時間電話相談」「名医紹介サービス」「健診結果のAI予測」などをご利用いただけます。詳しい情報はこちらから