未曽有の災害となった新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)。その影響は、個人の飲酒習慣にも及んでいます。アルコールを提供する飲食店が感染リスクの高い場所として名指しされ、複数人で飲む「飲み会」が敬遠されるようになりました。一方で自粛生活を強いられ、自宅で飲む酒の量が増えてしまった人もいます。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 2021年12月~22年1月に日経ビジネス電子版と日経Goodayの読者を対象に行ったアンケートでは、コロナ禍をきっかけに飲酒習慣が変わったと答えた40代~50代が54.5%に上りました。多くの人が、健康のためにお酒との付き合い方を見直そうと考えています。

 「酒は百薬の長」といわれていたのは昔の話。最新の科学研究では、アルコールが病気のリスクを高めることが明らかになっています。なるべく健康を損なわずにお酒を楽しむためには、自分の体質を把握し、最新の研究成果を理解することが欠かせません。

 そこで、日経ビジネスLIVEは日経Goodayと共同で、5月30日(月)19時から「一生健康で飲むための『飲酒の科学』」と題してウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは肝臓専門医で書籍『名医が教える飲酒の科学』の監修者である浅部伸一氏と、酒ジャーナリストで同書の著者である葉石かおり氏です。

 ウェビナーの後半では視聴者の皆様からの質問をお受けします。

主なテーマ
・最近、酒に弱くなったと感じている人が増えているのはなぜか
・コロナ禍で飲酒量が増え、病気のリスクが上がっているのはどんな人か
・血糖値、血圧、コレステロール、尿酸値… 健診結果と飲酒の関係
・大酒飲みだけでなく、「ほどほど」に飲む人もがんなどの病気のリスクが上がる
・一生健康で飲むための「飲み方のコツ」とは?

ウェビナー開催、「一生健康で飲むための『飲酒の科学』」

■開催日:2022年5月30日(月) 19:00~20:00(予定、開場はセミナー開始10分前から)
■テーマ:一生健康で飲むための『飲酒の科学』

■講師:肝臓専門医 浅部伸一氏

プロフィール:1990年、東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院、虎の門病院消化器科、国立がん研究センターなどを経て、肝炎免疫研究のため米サンディエゴのスクリプス研究所に留学。2010年より自治医科大学附属さいたま医療センター消化器内科に勤務。現在はアッヴィ合同会社に所属。好きな飲料はワイン、日本酒、ビール、ハイボール。最近、泡盛も加わった。

■講師:酒ジャーナリスト 葉石かおり氏

プロフィール:1966年東京都練馬区生まれ。日本大学文理学部独文学科卒業。ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経てエッセイスト・酒ジャーナリストに。「酒と健康」「酒と料理のペアリング」を核に執筆・講演活動を行う。2015年に一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを設立。国内外で日本酒の伝道師SAKE EXPERTを育成する。著書に『酒好き医師が教える最高の飲み方』『日本酒のおいしさのヒミツがよくわかる本』ほか多数。

■モデレーター:日経Gooday副編集長・竹内靖朗
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス、日経Gooday
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員と日経Goodayの有料会員は無料で視聴できます(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(日経ビジネス電子版月額2500円、日経Gooday月額794円、いずれも初月無料)。

>>ウェビナーへの参加を申し込む

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催、「一生健康で飲むための『飲酒の科学』」

■開催日:2022年5月30日(月) 19:00~20:00(予定、開場はセミナー開始10分前から)
■テーマ:一生健康で飲むための『飲酒の科学』
 

■講師:肝臓専門医 浅部伸一氏/酒ジャーナリスト 葉石かおり氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員と日経Goodayの有料会員は無料で視聴できます(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください。


>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。