1日にビールのレギュラー缶1本(350mL、純アルコール14g程度)前後の量であっても、習慣的な飲酒は脳に悪影響を及ぼす恐れがあることが、英国の中高年者約3万7000人を対象とした研究(*1)で示されました。

ビール1缶程度の飲酒でも、毎日飲み続けると脳の体積に影響が出る可能性が。(写真=PIXTA)
ビール1缶程度の飲酒でも、毎日飲み続けると脳の体積に影響が出る可能性が。(写真=PIXTA)

少量の飲酒も脳に悪影響? 結果は相反していた

 日常的な大量飲酒は、心血管疾患(脳卒中や心筋梗塞)や栄養不足、がん、老化などのリスクを高めることに加えて、脳の構造の好ましくない変化とも関係することが知られています。ただし、少量から中等量の飲酒が脳の構造に悪影響を及ぼすかどうかは明らかではなく、これまでに行われた研究では、相反する結果が得られていました。

 そこで、米ウィスコンシン大学マディソン校のRemi Daviet氏らは、英国で行われている長期にわたる観察研究「UKバイオバンク」から大規模なデータを得て、精度の高い分析を行うことにしました。

 UKバイオバンクは、2006年から2010年にかけて40~69歳の50 万人を全国から募集し、さまざまな検査や測定を行って、その後の健康状態を追跡しています。参加者からは質の高い頭部MRI画像も得ており、世界最大規模の脳イメージングデータを研究者たちに提供しています。

 今回は、イメージングデータに加えて、飲酒習慣などの必要な情報がそろっていた3万6678人分のデータを分析対象としました。女性が52.8%で、女性の平均年齢は63.09歳、男性の平均年齢は64.42歳でした。2006人の女性と899人の男性は非飲酒者で、それらも含めた全体の日常的な飲酒量の平均は、女性が1日0.87単位、男性は1日1.49単位でした(*2)。

*1 Daviet R, et al. Nat Commun. 2022 Mar 4;13(1):1175.
*2 英国における飲酒量の1単位は、純アルコール8g。日本の厚生労働省は、純アルコール20g程度を1日の適量としている。

次ページ 純アルコール8gを超える飲酒者は灰白質な