筋肉の合成が高まるのは筋トレの直後で、その後、合成率がだんだんと下がっていく。先ほどの研究も、2~8時間後の合成率について調べたものだ。そのため、十分に時間を空けて、少なめの量のアルコールを飲む分には、影響は少ないのではないか、というわけだ。

 「それから、お酒の種類はあまり関係なく、トータルのアルコールの量が問題になります。ですので、ワインのように、食事とともにゆっくり飲めるお酒か、低アルコールのお酒を選ぶようにするといいと思います。血中のアルコール濃度が急に上がらないようにするのがポイントです」(藤田さん)

朝筋トレ、夜ビール1缶

 明確なエビデンスはないにせよ、「十分に時間をあけて、350mLのビール1~2缶なら許容範囲」と考えると、筋トレラブの酒好きとしては、ちょっとホッとする。ホッとしたところで、藤田さんに気になる質問をひとつ。先生ご自身は筋トレ後にお酒を飲むのでしょうか?

 「来ましたね、その質問が(笑)。僕は朝トレーニングして、夜にほぼ毎晩ビールを1缶(350mL)飲んでいます。自宅ではこれ以上飲みません。先ほども言ったように、筋トレ後の筋肉の合成のピークが1~2時間後なので、十分に時間をあけるとなると、夜にお酒を飲むのであれば朝に筋トレを行うのが効率的ではないかと思います」(藤田さん)

 朝筋トレ! これは良さそうだ。オンライン取材で、パソコンの画面越しでも分かる引き締まった藤田さんの姿を見ると、説得力大である。

 夜にビール1缶を飲むとのことだが、ほかに飲み方で気をつけていることはあるのだろうか。

 「注意しているのは空腹で飲まないということです。体内におけるアルコールの吸収を緩やかにし、血中アルコール濃度を急激に上げないようにするためです」(藤田さん)

 血中アルコール濃度が急激に上がってしまうと、悪酔いしたり、たががはずれて、つい飲み過ぎたりしてしまう。それで翌日、二日酔いになってしまったら、朝の筋トレにも影響を及ぼすかもしれない。

 早速、私も朝筋トレを実践したい。ただひとつ気になるのが、1日のうち筋トレに適した時間帯というのはないのだろうか。例えば、朝より夕方に行ったほうが効果が大きいなら、迷うところだ。

 「筋肉合成という観点からは、筋トレを行う時間帯による差は少ないと考えられます。ただ、血圧が高い人は、朝から激しい筋トレを行うと血圧が上がり過ぎて、脳心血管系の疾患のリスクが上がるかもしれないので注意が必要です」(藤田さん)

 最後になるが、筋トレで何より大事なのは「継続」だ。自分が習慣化して続けられる筋トレのルーティーンを確立しつつ、酒で筋トレ効果を台無しにしないように注意しよう。

 コロナ禍で酒との付き合い方が激変!? 今読みたい科学の知見を一冊に。

 様々な病気のスペシャリストや、酒の人体への影響を調べる研究者が、最新の科学知識を分かりやすく解説。

 酒が大好きな人も、健康にちょっぴり不安を感じている人も、下戸だけど人体のしくみに興味がある人も、アフターコロナに備えて今こそ読みたい科学の知見が満載です。

葉石かおり著 肝臓専門医・浅部伸一監修

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。