うつ病などの気分障害の患者数は全国で100万人を超えており、ビジネスパーソンにとって大きな健康問題です。この連載では、東京のビジネス街で精神科クリニックを開業する五十嵐良雄医師が、多くの患者さんを診た経験から、ビジネスパーソンが陥りがちなメンタルの罠(わな)についてアドバイスします。(この記事は、健康・医療に関する総合サイト『日経Gooday(グッデイ)』 からお届けします)。
自分の得意な分野で、独りでコツコツと仕事をして成果を挙げてきた人が、出世してチームのリーダーなどになったときに、苦手な「周囲とのコミュニケーション」の場面に直面することもある (c)rido-123RF
自分の得意な分野で、独りでコツコツと仕事をして成果を挙げてきた人が、出世してチームのリーダーなどになったときに、苦手な「周囲とのコミュニケーション」の場面に直面することもある (c)rido-123RF

 (前回の内容)皆さんの周囲に「うつの症状」による休職を2度、3度と何度も繰り返しているというような方はいらっしゃるでしょうか。何度も休職、再休職を繰り返している場合、うつの症状の裏側に別の疾患=背景疾患が隠れていることがあります。

 前回は、ごく軽く短い期間の躁(そう)状態に気づけなければ診断できない「双極II型障害」が、うつの症状の背景に隠れているケースについてお伝えしました。

 今回は、休職を何度も繰り返す、本当の原因は「大人の発達障害」だったというケースをご紹介します。

 近年、「大人の発達障害」という言葉が使われることが増え、一般の皆さんにも知られるようになってきています。これをお読みの皆さんの中にも「聞いたことがある」という方もいらっしゃるのではないかと思います。

 私のクリニックでは、2005年からうつの症状で休職した会社員の復職を支援する「リワークプログラム」を行っていますが、2010年頃から「プログラム参加者の中に、どうも発達障害の傾向を持つ人がいるようだ」と感じることが増えました。

 発達障害は病気ではありません。生まれながらの脳機能の障害です。障害と聞くと、厳しいことのように思うかもしれませんが、その程度はさまざまです。また、発達障害があるからと言って、働けないということでもありません。

 発達障害には「周囲とのコミュニケーションが苦手」「不注意によるミスや忘れ物が多い」といった苦手なことや困りごとがありますが、これらの表れ方やその程度は人によって違います

 また、この障害が起こる原因ははっきりしていません。遺伝や体質など、いろいろな要因が重なり合って起こるとされており、また、人口に対して1割ほどと、一定の割合で発達障害の人がいることもわかっています。

 子供の頃に本人に近い家族が気づくことが多く、かつては子供の障害のようにとらえられていましたが、近年は、子供の頃から苦手なことがあっても、その障害の程度がごく軽く目立たないために、周囲が気づかないまま大人に成長し、社会に出ると環境になじめずにうつなどの症状が表れるケースが増えています。そして、大人になってから発覚した発達障害を「大人の発達障害」と呼んでいるのです。

続きを読む 2/4 大人の発達障害の特徴とは

この記事はシリーズ「日経Gooday」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。