コロナ禍により前代未聞のスピードで広がったテレワーク。DX(デジタルトランスフォーメーション)で環境が整い、新手のサービスも登場、これまでは考えられなかった本社移転から「ワーケーション」まで、働き方の常識がドミノ倒しのように変わっている。しかし、その一方で就労管理や心の病、コミュニケーション問題など新たな問題も噴出しており、一部の企業では制度を見直したり、後退させたりする例も出てきた。テレワークを従業員の活力につなげて経営効率の向上を果たし、成長力につなげるにはどうしたらいいか。(写真:PIXTA)