オンライン会議全盛の今、働き方が激変したことで、マネジャークラスも若手も悩みを抱えている。世代間ギャップを越えて円滑なコミュニケーションをどう図るべきか。世代ごとの行動様式に詳しい牛窪恵氏と、長年デジタル技術の発展に伴う社会変革を分析してきた尾原和啓氏が「コミュニケーションの世代論」について討論する(月刊誌「日経トレンディ」2021年5月号の巻頭特集「ヒット企業直伝!最強の話し方・会議・プレゼン」 からご紹介します)。

尾原:まず覚えておきたいのが、コロナ禍で、仕事でリアルタイムで話をする“同期型コミュニケーション”の質が大きく変わりました。今までだったら、隣の机に座っている仲間に「今話し掛けてもよさそうだな」と空気を読んでふらっと話し掛けられた。ところがオンライン会議が主流になると、「話し掛ける」という行為そのものが電話がいきなりかかってくるような暴力的なコミュニケーションになっています。

 そんなさなかClubhouseが爆発的なヒットにつながったのは、お互いに耳だけでつながっていられる同期型にもかかわらず、暴力的な「話す」というコミュニケーションに“優しい階段”をつくったためだと思うんです。

牛窪:分かりやすい例えですね。同期・非同期コミュニケーションの捉え方は、世代によって違いますよね。

 LINEが登場する少し前から、特に2000~14年に成人を迎えたミレニアル世代が、「FOMO」(Fear of Missing Out、見逃すことに対する恐怖感)に敏感になりました。送られてきたLINEにワクワクするより、「早くレス(返事)をしなければ」と恐れが先に来るイメージです。

 会話の中身よりも、とにかくメッセージが送られてくるかどうかをいつも気にしていないといけない。そんな恐怖心、いわゆる“LINE疲れ”です。

<span class="fontBold">牛窪 恵氏</span><br>立教大学大学院客員教授。大手出版社に入社後、フリーライターを経て、2001年にマーケティングを行うインフィニティを設立。「おひとりさま」などの言葉を世に広めた。近著は『若者たちのニューノーマル』(日経BP)
牛窪 恵氏
立教大学大学院客員教授。大手出版社に入社後、フリーライターを経て、2001年にマーケティングを行うインフィニティを設立。「おひとりさま」などの言葉を世に広めた。近著は『若者たちのニューノーマル』(日経BP)
<span class="fontBold">尾原和啓氏</span><br>京都大学大学院工学研究科修了。NTTドコモ、リクルート、Google、楽天など、14 回の転職を経験。2015年にIT批評家として独立。インドネシアやシンガポ ールを拠点に活動。『スケールフリーネットワーク』(共著、日経BP)などベストセラーも多数
尾原和啓氏
京都大学大学院工学研究科修了。NTTドコモ、リクルート、Google、楽天など、14 回の転職を経験。2015年にIT批評家として独立。インドネシアやシンガポ ールを拠点に活動。『スケールフリーネットワーク』(共著、日経BP)などベストセラーも多数

尾原:もともとは、強制的に相手と同期を求める電話が、相手の時間を強制的に奪う存在としてしんどく感じていた人々が、チャットのようなライトにつながる非同期型コミュニケーションに飛び付いたはずなのですが。

牛窪:ミレニアル世代では、相手が今どういう状況かを見定めつつ自分の発言や行動を決めるといった、「空気を読む」風潮が生まれました。「KY」は、07年の流行語でしたよね。

 私が新入社員研修を担当しても、当時から若者が意見を言わなくなった。上の世代から「つまらないことを言うな」と批判されるのも嫌なのですが、「いいね」と気に入られても「悪目立ち」になる。同僚から「何だ、あいつ」と見られたくないというのです。

 彼らの多くは今30代ですが、コロナ禍のオンラインで空気を読むのも難しいとの声が聞こえてきます。

尾原:最近、米国西海岸でも、ミレニアル世代について興味深い現象が起こっています。Zoomのような強制的にスケジュールを決めて同期を強いるサービスはもはやダサいという声が上がりつつあるんです。相手が今参加できそうなら、その場で“アンスケジュールド(スケジュールを決めない)”に話すのが望ましいという風潮が生まれつつある。同期型なんだけど、しかも非同期型に近いライトなコミュニケーションが望ましいというわけです。

 そういう意味で、興味関心でつながって同じ時間を共有する人に気軽に話し掛けられるClubhouseは、まさにアンスケジュールドな同期型コミュニケーションの象徴的な姿です。

続きを読む 2/3 SNSネーティブは見逃す喜びを知る「JOMO」

この記事はシリーズ「日経トレンディ発 最強の話し方・会議・プレゼン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。