1. TOP
  2. 日経トレンディ発 最強の話し方・会議・プレゼン
  3. [予告]「会議はムダ」はもう古い オンライン時代に必須の話す力

配信予告

[予告]「会議はムダ」はもう古い オンライン時代に必須の話す力

高田 学也(日経トレンディ 副編集長)

(写真:PIXTA)

 オンとオフのハイブリッド型で働くことが当たり前になる「ニューノーマル」な世界。私たちがストレスを抱えずにしかも業務を円滑に進めるには、何より「トーク(話す)」の素養が欠かせません。ビジネスコミュニケーションが、時間を共有してスピーディーに意思決定をしていくオンライン会議型へと姿を変え始めたからです。

 少し前までは「会議はムダ」とされ、企業の成長を妨げる悪者に仕立てる風潮がありましたが、コロナ禍で潮目が変わりました。

 ZoomやTeamsを活用しながらも、会議やプレゼンによって創造性のある結論を出したり、明確に進む方向性を決めたりする体制をいかにつくるか。実際、今回取材したヒットを飛ばしている企業では、会議やそこでの情報共有の仕組みを重要視しています。Amazon、トヨタ、アイリスオーヤマが、会議についてどのような工夫をしているのかを紹介します。

 オンライン会議では、「空気を読めない」「行間も読めない」。はっきり話さなくても意図を酌み取ってもらったり、人柄の良さで乗り切ったりということはできず、説得力のある話し方をするしかありません。

 そういった時代と呼応するように、Clubhouseに代表される、映像やテキストには頼らないトークだけで緩くつながる音声SNSが勃興してきました。話す能力の高い人なら、ビジネスチャンスにもつながる出会いを得られる時代になりつつあります。ビジネスリーダーがどのような話し方を身に付けるべきか。ぜひ、新年度を快活にスタートするヒントにしてください。

 消費トレンド・ヒットを研究する月刊誌「日経トレンディ」2021年5月号の巻頭特集「ヒット企業直伝!最強の話し方・会議・プレゼン」 からご紹介します。

配信予定(全5回)

  • Amazonの会議では、「事前に資料を配らない」理由(4月15日)
  • 情報共有が圧倒的にうまくいく トヨタ式「日常管理版」とは(4月16日)
  • アイリスオーヤマ 週イチ社長プレゼン会議でスピード開発を可能に(4月19日)
  • 立教大・中原淳教授「リーダーが身に付けるべき口癖&ダメな口癖」(4月20日)
  • Z世代を知るキーワード「JOMO」 電話は暴力的、Zoomはダサい?(4月21日)

2021年4月15日 配信開始予定

Focus「日経トレンディ発 最強の話し方・会議・プレゼン」は2021年4月15日より配信を開始します。「WATCH」しておけば、記事の新着がスマートフォンアプリに通知されたり、トップページにお知らせが掲出されたりして読み逃しません。

は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

日経ビジネス電子版有料会員になると…

専門記者によるオリジナルコンテンツが読み放題

著名経営者や有識者による動画、ウェビナーが見放題

日経ビジネス最新号&9年分のバックナンバーが読み放題

[クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

ご利用条件:
有料会員限定

[シリーズWATCH]気になる記事の続きを見逃さない

「このシリーズの続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「WATCH」すると、そのシリーズの新着記事が配信された際に、Raiseの場合はその議論に新しいコメントがついた際などに通知されます。 詳細を読む

ご利用条件:
登録会員以上かつリゾーム登録済み

[誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

ご利用条件:
有料会員限定

[有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

ご利用条件:
登録会員