ビジネスリーダーは、重大な選択を迫られた時、危機的な状況に陥った時、人生の岐路に立たされた時、決断を下すのに必要な「自分の軸」を鍛えておかねばなりません。それには人類の英知が詰まった「古典」が役に立ちます。このコラムでは古今の名著200冊の読み解き方を収録した新刊『読書大全』の著者・堀内勉氏がゲストを迎え、「読むべき古典この1冊」を手掛かりに、「考える力の鍛え方」を探ります。第3回のゲストはMistletoe創業者で連続起業家の孫泰蔵氏。「この1冊」は『後世への最大遺物』。その後編です。

読むべき古典この1冊
『後世への最大遺物』

日本のキリスト教思想家である内村鑑三の講演録。後世に残す価値があるものについて論じる。

前編から読む

官公庁のパワポはなぜ文字がぎっしりなのか

孫泰蔵氏(以下、孫):僕は最近、日本の若い哲学者や研究者の方々の本を意識的に読むようにしています。『人新世の「資本論」』(集英社新書)が話題の斎藤幸平さん、『世界は贈与でできている:資本主義の「すきま」を埋める倫理学』(NewsPicksパブリッシング)で注目を集めた近内悠太さん、『リハビリの夜』で第9回新潮ドキュメント賞を受賞以降も多くの本を著している熊谷晋一郎さんなどです。

 熊谷さんは、生まれつき身体的な障がいがあって車椅子で生活されている方なんですが、依存先を増やしていくことが「自立」なのだとおっしゃっています。自立とは「自分で何でもできること」だと思いがちですが、むしろ逆なのだ、と。

孫泰蔵(そん・たいぞう)氏
Mistletoe 創業者

日本の連続起業家、ベンチャー投資家。大学在学中から一貫してインターネットビジネスに従事。その後2009年に「2030年までにアジア版シリコンバレーのスタートアップ生態系をつくる」として、スタートアップのシードアクセラレーターMOVIDA JAPANを創業。そして2013年、単なる出資に留まらない総合的なスタートアップ支援に加え、未来に直面する世界の大きな課題を解決するためMistletoeを設立。その課題解決に寄与するスタートアップを育てることをミッションとしている。

:僕はこの考えにとても共感しました。物事の見方を一度ぐるりと変えてみる。対談前編でお話しした「アンラーニング」――持っている知識や価値観をいったん手放して学び直す、的な手法を駆使して、これまで言われてきたこととは違う論説を展開する若い人たちが続々と出てきています。日本って、政治にリーダーシップが足りなかったり、経済が停滞していたり、残念なことは多々ありますが、他方でこうした若い芽がどんどん育って輩出されている。その点において、僕はとてもポジティブに捉えています。

堀内勉(以下、堀内):一般に大学生の学力レベルは下がっていると言われますが、私が付き合っている若者たちを見ると感心してしまう。私が若かった頃よりもずっと広い視野で、変なこだわりを持たないで、世の中のことをちゃんと考えている人がたくさんいるなと思います。

:余計なものを持たない分、フラットに物事を見ることができているのでしょう。確かに人生の経験値は僕たちの方がありますが、それを生かせなければ単なる重荷、アンラーニングの対象でしかありません。彼らのフラットさは我々に無い武器といってもいいでしょう。そして、僕たちは若い人たちと話したり、彼らの本を読んだりすることで、旧態依然とした「思考の檻(おり)」から抜け出るヒントをもらえたりもします。

堀内:しかし、いわゆる大組織を見ていると、なかなか難しそうです。

 私もかつて組織人として仕事をしていた頃、当たり前と思っていた風景が、いったんそこを離れてみると、全く違って見えてきました。今は丸の内・大手町あたりに行くと「すごい圧迫感だな」と感じます。大きな会社の応接室や役員室もそうですし、サラリーマンが偉い順に並んで歩いている姿とか……。圧迫感がありすぎて、それだけでパワハラじゃないかと思うぐらいです。

:本当ですよね。あの、大企業の応接室の椅子の間隔って何であんなに離れているんでしょう? まあ、コロナ禍のソーシャルディスタンスには合っているのかもしれませんが、そもそも話しにくいですよね。

堀内:椅子もテーブルも低くて、お茶を持ってきてくれた女性が膝をつくように置いてくれるのも居心地が悪いし、ソファはふかふかだし、テーブルが遠くてお茶が飲みづらかったり。偉い人ははるか遠くの存在だと思い込ませたいんでしょうかね(苦笑)。話しにくい、お茶が飲みにくい、そうした実用的でないことがあっても、誰も変えようとしない。若い人たちと手軽な喫茶スペースで打ち合わせをしたりする方がよっぽど快適です。

:僕が官公庁に関わって不思議に思ったのはパワーポイント。文字がひたすらごちゃーっと詰め込んであって、フローチャートにしても、何だか意味が分からない矢印がたくさんあって……。正確を期しているのかもしれないけれど、まあ分かりにくい。作っている本人だって、それが分かりにくいことは分かっているはずなのに、あれも「前例」にのっとって作っているから変えられないんですかね。あるいは、わざと分からないように作っているんじゃないかと邪推してしまいます(苦笑)。

堀内:自分も年を取ってみて感じるのですが、年を重ねるごとにアンラーニングは難しくなります。そして、今はそんな年を重ねた人が多数を占める超高齢化社会。個人の人生と社会の年齢とはアナロジーですから、社会全体が年を取ってアンラーニングがしにくい状況にあるのが日本にとっての大きな課題ですね。

:だからこそ、個人も社会もアンラーニングに意識的に取り組まなければいけない。今以上に「アンラーニング普及活動」を推し進めたいと思っています。

続きを読む 2/3 一本一本、苗を植えている

この記事はシリーズ「古典から考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。