ビジネスリーダーは、重大な選択を迫られた時、危機的な状況に陥った時、人生の岐路に立たされた時、決断を下すのに必要な「自分の軸」を鍛えておかねばなりません。それには人類の英知が詰まった「古典」が役に立ちます。このコラムでは古今の名著200冊の読み解き方を収録した新刊『読書大全』の著者・堀内勉氏がゲストを迎え、「読むべき古典この1冊」を手掛かりに、「考える力の鍛え方」を探ります。第2回のゲストは独立研究者の山口周氏。「この1冊」は『大衆の反逆』。その後編です。

読むべき古典この1冊
『大衆の反逆』

スペインの哲学者、ホセ・オルテガ・イ・ガセット(1883年~1955年)が著した、大衆社会論における代表的な1冊。20世紀になって圧倒的多数となった大衆が社会的権力を持つようになった。その際に、民主制が暴走する「超民主主義」の状況を危惧している。本書では「大衆」の対極にある存在を「貴族」と呼んでいる。

前編から読む

芸術は圧政と暴政の下でしか生まれないのか

山口周氏(以下、山口):僕が子どものころからよく考えていたのが、「モーツァルトやバッハのような音楽はなぜ作られなくなったのだろう」ということです。人類が進化し、発展し続けているなら、18~19世紀に生み出された芸術を凌駕(りょうが)するようなものが生み出されているはずです。でも、この100年、150年といった単位で振り返ってみても、そうしたものは見当たらず、残念ながら「不毛なものしか残せなかった」という時代になってしまうのでは、と思うんです。

山口周(やまぐち・しゅう)氏
独立研究者、著作家、パブリックスピーカー

1970年東京都生まれ。電通、ボストン コンサルティング グループ(BCG)などで戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。著書に『ビジネスの未来』『ニュータイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『武器になる哲学』など。慶応義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。中川政七商店社外取締役、モバイルファクトリー社外取締役。

堀内勉(以下、堀内):『FACTFULNESS』に見られるように、近代以降の人類の科学の発展は素晴らしく、社会は安全で快適になり、乳幼児死亡率が大幅に下がり、教育も普及した。けれども、本当の意味で人類が新たに成し遂げたことはない、と。

山口:そういうことです。例えば将来、宇宙人と出会った時に「あなたたちはどういうものを生み出したのか、デモンストレートしてほしい」となると、20世紀のものはどれくらい入ってくるのか疑問です。

堀内:権力と富が分散されて、皆に選挙権が与えられて、世の中がフラットになったのは素晴らしいことですが、その仕組みが全てを約束するわけではない。

山口:私の考えでは、芸術を生み出すためには、何らかの面で「過剰」でなければならないと思うんです。

堀内:と言うと?

山口:映画『第三の男』に、こんな台詞(せりふ)があります。

 「圧政と暴政の限りを尽くされたルネサンスの時代は、ミケランジェロとレオナルド・ダ・ヴィンチを生んだけれども、200年にわたるスイスの民主主義は何を生み出したかというと、ハト時計だけだ」

 これは圧政に対する強烈な皮肉であると同時に、何か過剰な圧力がかかる中でこそ、人間が備え持つ力が引き出されるというリアルな側面を言い表しています。

堀内:だからといって、もちろん「新たなモーツァルトやダ・ヴィンチを生み出すために、不条理な状況に戻すべきだ」とはならないわけで、自由と規制、解放と隷属など、ある種のトレードオフをどう考えるかという点について、山口さんはどのようにお考えですか?

山口:解としては、セル・オートマトンみたいなものが一つの方向なのかなと。

堀内:セル・オートマトン――セルは「細胞」、オートマトンは「自動機械」といった意味ですね。格子状のセルと単純な規則によるとてもシンプルな計算モデルのことですが、これが数学や物理学など様々な分野の研究で利用され、自然現象の理解や解明において大変役に立っているそうですね。

 対談の前編で、山口さんから「一定のユニット単位に一定のルールと自由度を与える仕組みの方が、均整の取れた振る舞いをする社会システムになるのではないか」というお話がありましたが、セル・オートマトン的な捉え方がベースと考えてよろしいですか。

山口:その通りです。

堀内:この連載で冨山和彦さんと対談した時にも話したのですが、近代以降の人間は理性の力を信じて「世の中こうあるべきだ」と考え、その「こうあるべきだ」という抽象的な概念から、「現実はそれに合っているか」と演繹(えんえき)的に下ろしていく考え方がありますよね。一方で、人間をよく観察して総体として見て、「人間とはこういうものではないか」と人間像や社会像を経験的に想定する帰納的な考え方もあります。この2つのトレンドが行ったり来たりしているイメージを私は持っていて、どちらかに極端になると、バランスが崩れる。

山口:特に、理性主義に行き過ぎると、ナチスのように極端になっていくのでしょうね。「べき論」から滑り落ちた人間は、存在すべきではないというふうになる。

堀内:ビジネスにおいても、例えば「社長の決定に従うことだけが正しい」という現場では、考える時間が必要ないので一見、物事は速くスムーズに進むけれど、新しいチャレンジも創造も起きないし、従わない人はそこから疎外されてしまう。しかし本来は、社長とは別の視点で発想する人こそ、現場をよりよい環境に変えていく原動力になり得るはずです。

 人間というのは理想論だけでは変われないし、自分が変わろうと思わなければ変われない。社会においても、民主主義という仕組みがあるからOKという短絡的な話ではなく、よりよい社会にするにはどうすればいいか、人々がそれぞれに考えて、その多様な考えの相互作用によって変化し続けるというのが健全なのでしょう。

 そのように社会を眺めると、先ほどのトレードオフのようなことが繰り返されています。極端に行き過ぎると人間が縛られて、その縛りから自由になろうとシステムを壊して次のステップに行く。そして、新しいシステムを築いていく。するとまたそれが強力な規制となって、それを壊して……。大きな振り子のような、あるいはらせんのように、似た状況を繰り返しながら変化し続けていくことこそ、やはり健全さの証しなのではないでしょうか。

続きを読む 2/3 人間が進化した結果、物事を深く考えなくなった

この記事はシリーズ「古典から考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。