ビジネスリーダーは、重大な選択を迫られた時、危機的な状況に陥った時、人生の岐路に立たされた時、決断を下すのに必要な「自分の軸」を鍛えておかねばなりません。それには人類の英知が詰まった「古典」が役に立ちます。このコラムでは古今の名著200冊の読み解き方を収録した新刊『読書大全』の著者・堀内勉氏がゲストを迎え、「読むべき古典この1冊」を手掛かりに、「考える力の鍛え方」を探ります。第2回のゲストは独立研究者の山口周氏。「この1冊」は『大衆の反逆』です。

読むべき古典この1冊
『大衆の反逆』

スペインの哲学者、ホセ・オルテガ・イ・ガセット(1883年~1955年)が著した、大衆社会論における代表的な1冊。20世紀になって圧倒的多数となった大衆が社会的権力を持つようになった。その際に、民主制が暴走する「超民主主義」の状況を危惧している。本書では「大衆」の対極にある存在を「貴族」と呼んでいる。

私たちは「慢心した坊ちゃん」になっていないか

堀内勉(以下、堀内):私としては、山口さんが「この1冊」に『大衆の反逆』を選んだのは意外でした。

山口周氏(以下、山口):そう言われるのは意外ではありません(笑)。著者のオルテガは「貴族のいない社会なんて社会ではない。社会である以上は、必ず貴族的な要素があるんだ」と言っています。

<span class="fontBold">山口周(やまぐち・しゅう)氏<br/>独立研究者、著作家、パブリックスピーカー</span><br>1970年東京都生まれ。電通、ボストン コンサルティング グループ(BCG)などで戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。著書に『ビジネスの未来』『ニュータイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『武器になる哲学』など。慶応義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。中川政七商店社外取締役、モバイルファクトリー社外取締役。</a>
山口周(やまぐち・しゅう)氏
独立研究者、著作家、パブリックスピーカー

1970年東京都生まれ。電通、ボストン コンサルティング グループ(BCG)などで戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。著書に『ビジネスの未来』『ニュータイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『武器になる哲学』など。慶応義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。中川政七商店社外取締役、モバイルファクトリー社外取締役。

山口:これは、格差がない社会を良しとする僕の考えとは一見、真逆の主張に思われるでしょう。「貴族」というのは一般に、富や権力にとても大きな傾斜がある社会において、大きな既得権を持つ存在と認識されています。対して僕は、著書の中で「格差をなくせ」「税金をたくさん取れ」と言っている。

 そんな僕が以前、この『大衆の反逆』の一節を抜粋してツイートしたら、相当な批判が来たんです。

堀内:そうなるのは意外ではありませんね(笑)。いわゆる国民や市民を「大衆」と「貴族」という二分法的に定義する言説に対しては、脊髄反射的に「社会の分断を招く」「けしからん」と捉える人が少なくないでしょう。

山口:そこは、貴族という概念のつかみ方次第だと思うんです。貴族という存在が享受する社会的優遇や権力という側面ではなく、彼らに求められる「心性」を考えると、「公」(おおやけ)――つまりcommonsですね。ここでは、社会システムの維持や発展について内発的な責任感を持ち、それを実現し得る力をも持つ存在として「貴族」を捉えてみる。すると、社会にとっての存在意義は、おのずと高まります。

堀内:『大衆の反逆』の中では、それとは対極的な位置づけで、傍若無人な大衆が「私たちは権利を持っている」と主張することについて言及されています。

山口:この大衆を、オルテガは「慢心した坊ちゃん」と呼んでいますね。例えば昨今、社会問題化しているクレーマーによるトラブルなどは、これに関連するものでしょう。お金を払った以上、自分には客としての権利があると主張する。もちろん相応の対価や権利は発生するとして、それは無限なものなどではあり得ませんが、暴走してしまう…。

 こうしたことは、社会におけるcommonsを回復したり維持したりしようとする時に、大きな阻害要因になる。よりよい社会に必要な心性とはどのようなものかを考える時、僕が著書で主張していることとオルテガの考えとは、通底するものを感じるのです。

続きを読む 2/3 三島由紀夫と美意識とナチズムと自由と安定と安全と

この記事はシリーズ「古典から考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。