家事や仕事をしながらポッドキャストを楽しんだり、ラジオアプリでニュース番組を聞いたりする「ながら聴き」のニーズが増えている。InstagramやYouTubeなど目で楽しむアプリの普及が一段落し、今度は「耳の可処分時間」の取り合いが始まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1334文字 / 全文1347文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「変わる音楽ビジネス ヒットの新潮流」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。