日本ではCDなど音楽ソフト市場がピーク時から3分の1以下に落ち込む一方、世界全体を見ると「スポティファイ」のようなサブスクリプション(定額課金)型サービスをけん引役に音楽産業は成長している。日本の音楽ビジネスは「周回遅れ」の感が否めない。

 「日本の音楽市場はかなり独特」。こう話すのは日本レコード協会の担当者だ。CDやDVDなど音楽ソフトの市場は2020年、1944億円と19年比で15%も減少し、ピークの1998年(6074億円)から3分の1となった。

 一方で、ストリーミングやダウンロードなど音楽配信市場は20年、782億円となり、19年比11%増となった。けん引するのはサブスク型の音楽配信サービスだ。同サービスに限れば、1年で25%の成長を遂げている。

 日本の市場が独特なのはフィジカル、すなわちCDやDVDなどの音楽ソフトと音楽配信の構成比だ。国際レコード産業連盟(IFPI)によると、19年の世界のフィジカルの売り上げは44億ドル(約4800億円)なのに対し、音楽配信は3倍の129億ドル。配信の成長がけん引し、全体の市場規模が拡大している。

日本はサブスクリプション型の音楽配信サービスの普及が遅れている

 対して日本は配信が全体の3割。その比率は年々高まっているものの、世界とは市場の構造が逆になっている。フィジカルの退潮に伴って全体の市場規模が縮小を続けている状態だ。

 国内で配信の普及が遅れている理由の一つはスマートフォン以前までの携帯電話「ガラケー」の存在だ。実は、日本の音楽配信市場が最も大きかったのは09年だった。世界に⽐べても市場はいち早く膨らんだといえる。その規模は909億円。背景にあるのは「着うた」の流行だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1419文字 / 全文2119文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「変わる音楽ビジネス ヒットの新潮流」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。