ゼネラリスト育成を重視してきた日本型雇用と一線を画し、職務を特定して社員を雇用する「ジョブ型」を導入する企業が増えています。社員の専門性を高め、成長意欲のある若手が自律的に育つといったメリットに加え、職務を明解に定義するので成果把握が容易という点がテレワークにも向いていると見られています。

 しかし本当に期待する効果を生み出すことができるのでしょうか。雇用ジャーナリストとして国内外の雇用の最前線を詳しく取材してきた海老原嗣生氏は、そんな期待に異を唱えます。欧米ではジョブ型が一般的ですが、雇用慣行のみならず社会システムが日本と大きく異なっているため、そのまま日本に移植しても様々な齟齬を生み出すリスクがあると主張します。

「ジョブ型」雇用への安易な期待に警鐘を鳴らす雇用ジャーナリストの海老原嗣生氏
「ジョブ型」雇用への安易な期待に警鐘を鳴らす雇用ジャーナリストの海老原嗣生氏

 本連載では、2021年4月にジョブ型の課題を徹底的に掘り下げた新刊『人事の組み立て~脱日本型雇用のトリセツ~』(日経BP)を発行する海老原氏が、昨今の雇用を取り巻く議論の問題点について指摘していきます。

 また、4月7日(水)、14日(水)には、海老原氏が登壇するウェビナーを開催します(4月7日は受講料無料、4月14日は日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料)。ジョブ型を巡って日本企業が抱く誤った概念とは何か。真のジョブ型とはどのようなものか。2回に分けて海老原氏が識者と対談しつつ、雇用をめぐる法律や社会風土にも切り込みます。

 日本にとって必要な雇用とはどのような姿なのか。みなさんと考えていきたいと思います。連載の予定やウェビナーの詳細については、下記をご参照ください。ご参加お待ちしております。

>>ウェビナーの参加を申し込む

記事連載ラインアップ(予定)
・「日本型雇用は限界」議論が何十年も終わらない理由
・平社員でも給料が上がるのは「性別役割分担時代の残滓」
・なんだかんだ言っても新卒一括採用が最も合理的
・欧米には日本人の知らない二つの世界がある
・20代で部長になれる会社となれない会社、その本質的な違い
ほか

<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」とは:</span><br>「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:
「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

■ウェビナー開催概要
日経ビジネスLIVE
雇用のカリスマが斬る「間違いだらけのジョブ型雇用」

第1回(終了しました)
2021年4月7日 (水)  20:00~21:30(90分)
テーマ:「話題のジョブ型雇用、日本の議論は何がおかしいのか?」
講師:海老原嗣生・雇用ジャーナリスト/株式会社ニッチモ代表取締役
ゲスト:安藤至大・日本大学教授
モデレーター:小林暢子・日経BP 総合研究所 主席研究員 Human Capital Online発行人

第2回
2021年4月14日 (水)  20:00~21:00(60分)
テーマ:「ジョブ型は階級社会をもたらす~欧州では何が起きたか?」
講師:海老原嗣生・雇用ジャーナリスト/株式会社ニッチモ代表取締役
ゲスト:夏目達也・名古屋大学教授、五十畑浩平・名城大学准教授
モデレーター:小林暢子・日経BP 総合研究所 主席研究員 Human Capital Online発行人

会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(ライブ配信)
主催:日経ビジネス
受講料:4月7日(第1回)は無料、4月14日(第2回)は日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。第2回を視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>ウェビナーの参加を申し込む

■こんな方におすすめ
+人事制度改革を検討している経営トップの方
+ジョブ型雇用の導入を検討している人事担当の方
+ジョブ型でキャリアや働き方がどう変わるか知りたいビジネスパーソンの方
+キャリアについて考える就活中の学生の方
+外資系などジョブ型を導入した企業への転職を検討中の方

■参考図書
人事の組み立て~脱日本型雇用のトリセツ~』(日経BP)

■講師略歴

海老原嗣生(えびはら・つぐお)
ニッチモ代表取締役、政府労働政策審議会人材開発分科会委員、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授
1964年東京生まれ。大手メーカーを経て、リクルートエイブリック(現リクルートエージェント)入社。新規事業の企画・推進、人事制度設計などに携わる。その後、リクルートワークス研究所にて雑誌「Works」編集長を務め、2008年にHRコンサルティング会社ニッチモを立ち上げる。『エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝-』(「モーニング」連載、テレビ朝日系でドラマ化)の主人公、海老沢康生のモデルでもある。人材・経営誌「HRmics」編集長、リクルートキャリア フェロー(特別研究員)。『AIで仕事がなくなる論のウソ』(イーストプレス)、『人事の成り立ち』(白桃書房)など著書多数。

>>ウェビナーの参加を申し込む

■変更履歴
サブタイトルの「日経ビジネスLIVEも4月4日、14日に開催」とあったのは、正しくは「日経ビジネスLIVEも4月7日、14日に開催」でした。[2021/3/26 14:10]