1. TOP
  2. VAIOの復活

シリーズ

VAIOの復活

 武骨なデザインばかりだったパソコン市場にさっそうと登場した薄紫色でスタイリッシュなデザインの「VAIO PCG-505」、「片手でつかめてポケットにも収まる」というキャッチフレーズでコンパクトさを強調した「VAIO type P」……。ソニーのパソコン事業はその時代にキラリと光る製品を生み出してきた。

 ところが、スマホの普及で個人向けパソコンの需要が減少。製品が成熟して差異化が難しくなったことも重なり、ソニーは事業撤退に追い込まれていった。2014年に投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP、東京・千代田)に譲渡すると発表し、同年7月にJIPが95%、ソニーが5%を出資する形で新会社のVAIO(長野県安曇野市)を設立した。

 240人で再スタートを切ったVAIOの初年度(15年5月期)の売上高はわずか73億円。そこからVAIOは復活を遂げた。20年5月期は売上高が257億円で営業利益が26億円。電機メーカーとしては高水準の営業利益率10%を達成した。

 不振事業として切り離されてから7年弱。VAIOはどのように復活し、これからどこに向かうのか。

全3回

WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

おすすめのシリーズ

は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

日経ビジネス電子版有料会員になると…

専門記者によるオリジナルコンテンツが読み放題

著名経営者や有識者による動画、ウェビナーが見放題

日経ビジネス最新号&9年分のバックナンバーが読み放題

[クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

ご利用条件:
有料会員限定

[シリーズWATCH]気になる記事の続きを見逃さない

「このシリーズの続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「WATCH」すると、そのシリーズの新着記事が配信された際に、Raiseの場合はその議論に新しいコメントがついた際などに通知されます。 詳細を読む

ご利用条件:
登録会員以上かつリゾーム登録済み

[有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

ご利用条件:
登録会員

[コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

ご利用条件:
登録会員以上かつリゾーム登録済み

[記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

ご利用条件:
登録会員以上

[ギフト(β版)]有料記事のプレゼントであなたのチームが強くなる

「ギフト(β版)」は有料会員がお知り合いに有料記事をプレゼントできるを機能です。有料記事に設けた「ギフトボタン」を押してシェア用のURLを発行。そのURLをメールやSNSで送れば、どなたでも24時間以内なら無料で記事をお読みいただけます。 詳細を読む

ご利用条件:
有料会員限定

ギフト

有料会員は、この記事を無料で読めるURLを知り合いに贈れます (詳細

日経ビジネス電子版有料会員になると…

専門記者によるオリジナルコンテンツが読み放題

著名経営者や有識者による動画、ウェビナーが見放題

日経ビジネス最新号&9年分のバックナンバーが読み放題