究極の冷茶の作り方

 今回は、特別に的場さんがワークショップなどで伝授している急須でいれる究極の冷茶のレシピを紹介します。動画では、プラ容器でいれる冷茶のレシピも併せて紹介しています。


急須でいれる究極の冷茶

(用意するもの)
・急須
・日本茶 7~10g(小さじ2~3杯)
・水 100ml
・氷 適量

    (作り方)
  • ①急須に水と氷(1個程度)を入れ少しなじませる
  • ②茶葉を急須に入れる
  • ③氷が溶けるまで30分程度おいて抽出する
  • ④氷(150g程度)を入れたグラスにお茶を注いで、できあがり。お好みで水を加えて濃さを調整してください

 水からじっくり抽出すると、茶葉のうま味と甘味が際立ちます。暑さを忘れてしまうほどのぜいたくなお茶を飲む時間を楽しんでみましょう。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「作り手とレシピで知る「日本の食」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。