日本一のアーティチョーク畑

 武井さんは日本で一番アーティチョークを出荷する生産者でもあります。旬はまさに今、5月下旬から6月上旬のたった2週間しか旬がありませんが、それでもやっているのは「アーティチョークは武井さん」と言われたかったからだそう。

武井さんが栽培するアーティチョーク
武井さんが栽培するアーティチョーク

 「気が付けばミスター・アーティチョークと呼ばれています(笑)。アーティチョークにも品種があって、フランス料理とイタリア料理のシェフでは好みが違うので、それぞれ違う種類を出荷しています。仕事をするなら何かで一番になりたかったのですが、そのために選んだのがアーティチョークでした」

 アーティチョークは美しい形をした野菜。無から有を生み出す武井さんはアーティストのようで、農園を訪れお話を伺うと農家のイメージが変わります。武井さんのように成功するのは簡単ではないですが、農家ではない人にも参考にできる話が多いのではないでしょうか。

農家直伝!「究極のケールサラダ」の作り方

 今回は特別に、武井さんに教わったケールサラダの作り方を紹介します(動画で詳しく説明しています)。

(材料)
ケール・・・・・・150g
ベーコン・・・・・・2~3枚
オリーブオイル・・・・・・大さじ2
酢・・・・・・小さじ1
塩コショウ・・・・・・少々
パルメジャーノチーズ(粉チーズ)・・・・・・適量

(作り方)
①ケールは洗って水気を切ってから、手でちぎり、ボウルへ入れておく。
②ベーコンを適当な大きさに切ってフライパンへ並べ、中火でじっくりと火を通す。
③ベーコンからじゅわっと油が出てきたら、塩コショウ、オリーブオイル、酢を加えて、火を止めます。
④①のボウルへ③を入れ、さっくりと混ぜる。
⑤皿へ盛り、パルメジャーノチーズを振りかける。

心を動かす野菜 タケイファーム
https://takeifarm.com/

この記事はシリーズ「作り手とレシピで知る「日本の食」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。