この連載では、英語コーチング・プログラム「TORAIZ(トライズ)」の約7000人の受講生のデータと学習工学(Instructional Design)に基づき、最小の努力によって最短で英語の学習目標を達成するためのノウハウを受講生や読者の皆様からの質問に答える形でお伝えしていきます。

 コメント欄でビジネス英語や学習法について何でもご質問ください。また、アンケートフォームでも質問を受け付けています(こちら→日経ビジネス「その英語学習法、間違ってます!」質問受付)。

 それでは今回も質問にお答えしていきたいと思います。

[今回の質問]

ゲーム会社勤務 Bさん (27歳)
毎年この時期に、「来年こそは英語をマスターしよう」と思い立ちます。しかし、早々に諦めてしまい目標を達成できず、本日に至ります。どのようにすれば、英語学習に対するモチベーションを維持し、英語力を身に付けることができるのでしょうか?

[回答
 Bさんのようなお悩みは、英語学習者の中でもっとも多いお悩みの1つです。実際に、英語業界の繁忙期は毎年1月から5月のゴールデンウイークまでです。特に、1月と4月は忙しくなります。

 一般的に、多くの人が新年や新年度にやる気を出して、5月になるといわゆる「五月病」になり意欲を喪失して挫折してしまう、という傾向があるようです。そこで今回は、このような傾向を乗り越えて英語をマスターするために必要な5つのポイントを紹介します。

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

次ページ 新年が始まる前から学習の準備を