この連載では、英語コーチング・プログラム「TORAIZ(トライズ)」の約6000人の受講生のデータと学習工学に基づき、最小の努力によって最短で英語の学習目標を達成するためのノウハウを受講生や読者の皆様からの質問に答える形でお伝えしていきます。コメント欄でビジネス英語について何でもご質問ください。

 それでは今回も質問にお答えしていきたいと思います。

[今回の質問]

金融機関勤務 Mさん(25歳)
 この連載を読んでいて、英語学習には目標を決めることと学習計画を立てることが重要だということは分かりました。ただ、具体的にどのような目標を立てればよいのかが分かりません。学習目標の決め方を教えてください。

[回答]
 TORAIZでは、英語学習を始める前に、英語学習のゴールを決めるためのコンサルティングを徹底して行います。なぜなら、学習目標が決まらないと教材の選定や学習方法といった学習計画が立たず、効率的に学習することができなくなるからです。

 しかし、実際にはMさんのように「英語を学習したい」と思ってカウンセリングを受けに来た方でも、「英語をなぜ学習したいのですか」「どのようなシチュエーションで英語を使うことがゴールですか」と聞くと答えられない人も多いのです。「会社で必要と言われている」「将来使うかもしれないから」といった答えが返ってくる場合もありますが、「英語」の中身は漠然としています。ですからMさんのような質問は珍しいわけではありません。安心してください。

 具体的な目標の立て方ですが、できるだけ5W1Hまで細かく決めることが大事です。これは少しの違いで必要とされる英語力も違い、当然、教材も学習方法も全く異なってくるからです。

 例えば、次の2つのシチュエーションでどちらが高い英語力が必要とされると思いますか。読んだら少し考えみてください。

A 200人の聴衆の前で、自分が担当する専門分野についてのプレゼンテーションを行い、聴衆の中で質問がある人に手を挙げてもらって一問一答を行う。

B 社内の英語ネイティブの同僚数人と新規事業についてブレーンストーミングをする。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)
続きを読む 2/2 目標が具体的なほど英語学習の効果は大きくなる

この記事はシリーズ「その英語学習法、間違ってます!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/