この連載では、英語コーチング・プログラム「TORAIZ(トライズ)」の約7000人の受講生のデータと学習工学(Instructional Design)に基づき、最小の努力によって最短で英語の学習目標を達成するためのノウハウを受講生や読者の皆様からの質問に答える形でお伝えしていきます。

 コメント欄でビジネス英語や学習法について何でもご質問ください。また、アンケートフォームでも質問を受け付けています(こちら→日経ビジネス「その英語学習法、間違ってます!」質問受付)。

 それでは今回も質問にお答えしていきたいと思います。

[今回の質問]

メーカー勤務 Tさん (23歳)

私の働いている会社では、入社2年目までにTOEIC L&Rで700点を取ることが求められています。しかし、私は英語を読むのが遅いため時間が足りず、なかなかそのスコアまで達することができずにいます。継続してシャドーイングには取り組んではいるのですが、効果を感じられません。どうしたらいいでしょうか。

 会社でスコア目標が決められているのは大きなプレッシャーですね。TOEIC L&Rで700点を超えるためには、できれば150wpm(wpmとは、「1分間に読める単語の数」)を目指したいところです。Tさんのように、すでにシャドーイングに取り組んでいるにもかかわらず、読むのがなかなか速くならない人に、お薦めしたい学習法があります。それは、「スラッシュリーディング」という、英語の「句」単位でスラッシュを入れて読み進める学習方法です。

 句とは、2語以上のまとまりが1つの意味になる文法単位です。声に発するときも、決まったリズムやポーズ(間)があり、1つのかたまりとして発音します。句の切れ目にスラッシュを入れて、かたまりを強く認識して読んでいくのが「スラッシュリーディング」です。

 例えば、次のようなイメージです。

 I have found / that I can utilize / some of the vocabulary and grammar / that I learned / in English / when learning French.

 このテキストの場合、次のような箇所にスラッシュが入っています。

1. SVOOやSVOCの文型に基づく I have found / that
2. 接続詞の前 / when learning French
3. 関係代名詞の前 / that I learned
4. 前置詞の前 / in English

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

次ページ 英文理解には「語」より「句」が重要