この連載では、英語コーチング・プログラム「TORAIZ(トライズ)」の約6000人の受講生のデータと学習工学に基づき、最小の努力によって最短で英語の学習目標を達成するためのノウハウを受講生や読者の皆様からの質問に答える形でお伝えしていきます。コメント欄でビジネス英語について何でもご質問ください。

 それでは今回も質問にお答えしていきたいと思います。

[今回の質問]

ネイリスト Mさん(32歳)
 中学時代から英語が得意でないのですが、いつの日かネイリストとして、海外でお店を開きたいと思っています。そのために英会話教室にも長年通い、オンライン英会話でも勉強しているのですが、なかなか話せるようになりません。何がいけないのでしょうか。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

[回答]
 Mさん、もともと英語が得意でないとのことですが、中学英語はしっかりマスターできているでしょうか。英検でいえば3級、TOEIC L&Rで500点弱ぐらいが、英語を話すための前提とTORAIZでは考えています。

 もし、そのレベルに達していない場合、TORAIZでは、英語のネイティブスピーカーのコーチとの会話レッスンの前に、日本人の文法担当のコーチと共に中学英語を復習することが一般的です。

 中学英語が十分にマスターできていなくても、どうしてもネイティブスピーカーのコーチとの会話レッスンを希望される方もいます。しかし、そのような方は、英語を話せるようにはならない可能性が高いのです。

 聞けるようにはなります。シャドーイングをきちんとやれば、ある程度はリスニングができるようになり、意味も分かるようにはなります。しかし、構文ができないのでどうしてもスピーキングができるようにはなりません。

 やはり、一定の年齢を超えてからの第二言語習得には文法を押さえることも大変重要なのです。文法の土台がない状態で行うスピーキングのレッスンが無駄になってしまうことは数値的にも証明されています。

 ですから、Mさんの場合のように中学時代から英語に自信がない方は、英会話教室やオンライン英会話を始める前に、中学英語の学び直しから始めるのがよいと思います。

 一番初めにすべきことは3カ月程度先に予定されている英検3級かTOEIC L&Rの試験に申し込むことです。これで学習のゴールが明確になります。やはりゴールなくしてはだんだんとやる気が薄れて三日坊主となり、学習を継続しにくいのです。三日坊主になる前に学習のゴールを決めてしまうことが肝要です。

 なぜ3カ月後程度先のスケジュールかというと、TORAIZの実績から考えると、ほとんど中学英語を忘れてしまっている人でも、毎日2時間から3時間学習する前提で、3カ月で中学英語をすべて復習できるからです。学習時間でいえば、大まかに200~250時間程度となります。中学校の3年間で350時間程度の英語の授業を受けているはずですから、それより若干短いぐらいということになります。

続きを読む 2/2 中学英語は日本的学習方法が正道

この記事はシリーズ「その英語学習法、間違ってます!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/