あらゆる機会に英語を使おう

 リスニングにおいては、完全性となまりへの対応です。

 B1レベルですからリスニングについても、英語のネイティブスピーカーと1対1で話をしている場合、8~9割は聞き取れると思います。しかし、複数の英語のネイティブスピーカーが手加減なしにやり取りしているのはなかなか聞き取れないものです。それは、やはり1対1ではこちらの理解を確かめながらコミュニケーションしているからで相手から配慮をしてもらっていることになります。

 これを超えてB2レベルの「ネイティブスピーカーと日常的に会話ができる程度の流ちょうさと自発性をもって、お互いに無理なく会話ができる」レベルになるためには、より高いリスニング力を付ける必要があります。

 そのためには、シャドーイングだけでなく、全てを聞き取れているかを文字で書き出すディクテーションをすることをお勧めします。また、ネイティブがナチュラルなスピードで話すリエゾンやフラッピングなどの音の変化をパターンとして学習してしまうことも必要と思います(音の変化については「聞いた英語をまねるシャドーイング、続けているが会議では聞き取れない」を参照のこと)。

 また、イギリス英語やアイルランドの英語、さらには欧州の非英語圏の人が話す英語などさまざまななまりもあります。英語のネイティブスピーカーにとってはこれらの英語を聞き取るのは難しくはないようですが、英語のノンネイティブスピーカーにとっては難しいものです。実はこのようなさまざまな英語を収録した教材もありますから、これらを学習して幅広く聞き取れるようにすることもサッカー選手として欧州で活躍するためには必要かもしれません。

 最後に、「ネイティブと話す機会を増やすにはどのようなことを心がけるべきでしょうか」という質問もいただいています。この姿勢は素晴らしいと思います。特にB1レベルの英語学習者がB2になるためにはレッスンだけでなく、日常でも英語を使って暮らし、仕事をすることが非常に重要だからです。

 まず、あらゆる機会に英語で話しかけることです。海外では、こちらから英語で話しかけないと、相手もこちらがどのくらい英語が話せるか分からないので話が発展しないものです。海外留学で英語力を大きく伸ばした人の話を聞くと、「スーパーのレジでも、エレベーターでも話せる限り話をした」という話をよく聞きます。

 あとは、環境を変えることだと思います。例えば、非常に親しい友人を作ったり、ルームシェアをしたりといったことです。

 さらに海外ではMeetupなども盛んなので、興味のあるグループに入ることをお勧めします。コロナ禍でもオンラインでネイティブの人と会話する機会を持つことができますし、同じ興味を持つメンバーが集まるので話題作りに困りません。また、新型コロナの影響もあって音声SNSも人気です。こちらも同じ趣味のメンバーと話すことが可能です。トライしてみてください。

 中山さん、今後も英語学習も頑張ってください。また、欧州でますます活躍されるよう応援しています!

オンラインセミナー「日経ビジネスLIVE」のご案内

スモールビジネスから始まる「ネオ日本型経営」

<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」とは:</span>「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

■開催概要
日時:2021年9月28日(火)~29日(水)、キーノートを含む5セッション
講師:LIXIL瀬戸欣哉社長兼CEOほか著名経営者
プラチナパートナー:アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.

詳細・申し込みはこちらをご覧ください


The Future of Management 2030
資本主義の再構築とイノベーション再興

■開催概要
日時:2021年10月5日(火)~7日(木)
講師:フィリップ・コトラー氏、リチャード・セイラー氏など世界の著名経済学者・経営学者が多数登壇

詳細・申し込みはこちらをご覧ください

この記事はシリーズ「その英語学習法、間違ってます!」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。