目指す「単語力」は8000語

 さて、8000単語というと大変な気がしますが、単語の学習法についても大事なポイントがあります。覚えるべき単語に順番があり、その順番に基づいて適切な教材選定を行うことです。まず、日常会話やTOEIC L&Rで使われる頻度が高い単語から覚えましょう。なぜならば、よく使われるということは、その1単語を暗記するために使う時間や努力という投資に対してスコア上昇というリターンが大きいためです。

 ちなみに、仕事でコミュニケーションを行うための英語力を身に付けることを目指す場合については、このような単語の覚え方をする必要はありません。TORAIZでは、基本的な単語3000語を習得した後は、実際の業務で使う単語を覚えることを推奨しています。一般的な英単語の使用確率と自分の仕事で使う英単語の使用確率は同じとは限らないからです。

 あくまでも自分のゴールに合わせて、英単語の使用確率が高い順に暗記することが重要なのです。

 一般的に使用確率の高い順の単語リストとしてお薦めしたいのは、アルク社の「標準語彙水準SVL12000」(SVL=Standard Vocabulary List)です。

 このリストは、同社が、蓄積してきたさまざまな英文データと、多数の貴重な参考資料を基に、日本人の英語学習者にとって有用であると思われる英語語彙1万2000語を選び出したもの。基礎から上級へと12のレベルに区分した、段階別の学習語彙リストとなっています。

 まず、この「標準語彙水準SVL12000」に基づいて現在の自分の単語力を把握しましょう。「標準語彙水準SVL12000」に基づいた同社サイトの「英辞郎 on the Web」では、12レベルに分けた単語リストを一部掲載しています。各レベルを見て、自分の単語力が大体どのレベルかを確認してください。

 その上で、目標とするTOEIC L&Rスコアのための単語の学習を進めます。「標準語彙水準SVL12000」に準拠したアルクの英単語教材『究極の英単語』シリーズを使用することを例に説明します。

 このとき、最初から高いレベルを狙うのはおすすめできません。例えば800点を目指すTさんの場合、9000単語レベルの『究極の英単語 vol.3』を1冊目に学習するのは、実は効率的ではありません。まず、6000単語レベルの『究極の英単語 vol.2』から取り組みましょう。高いレベルを最初から狙わないという原則は、アルク以外の本やアプリを使う場合も同じです。

 この原則に従って目標スコアに合った数の単語を学習すれば、中級者であれば1000単語を覚えるごとにおおよそ100点スコアがアップします(ただし、高スコアになるほど投資対効果は低下し、上級者では同程度のスコアアップは難しくなります)。

次ページ 目標の「速読力」は1分間で180単語