1. TOP
  2. 三陸鉄道始末記~3.11大地震から全線再開まで
  3. 「三陸鉄道は本当に必要なのか」大地震から2日間考え抜いた

配信予告

「三陸鉄道は本当に必要なのか」大地震から2日間考え抜いた

森 永輔

日経ビジネス シニアエディター

2013年2月、南リアス線に新たな車両を搬入した(写真提供:三陸鉄道)
2013年2月、南リアス線に新たな車両を搬入した(写真提供:三陸鉄道)

 2011年3月11日の午後2時46分。大地震が日本を襲った。

 岩手県の太平洋沿岸を縦走する三陸鉄道も大きな揺れと津波の被害に見舞われた。北リアス線の島越(しまのこし)駅は、駅舎ごと波に持っていかれた。全線の復旧にかかる費用は約110億円。当時の同社の営業収益の25年分を上回る。望月正彦社長(当時)は廃業まで考えたという。

 しかし、同氏は「被災後1週間で運行再開」という驚異的なスピードの復旧計画を立て、実現した。その決断を促したのは、線路の上に降り積もった雪の上に残された、沿線住民の足跡だった。

 運行再開の後、次なる目標である「3年で全線運行再開」に取り組んだ。筆頭株主である県は当初「6年」を想定した難事業だ。「3年」は、復旧にかける時間としては短いが、本来の収益を失う期間としては非常に長い。三陸鉄道はこの間、津波に流された駅のレールを販売したり、運転士を他の鉄道会社に出向させたりするなどして、収益拡大とコスト削減に努めた。

 こうしたハイスピードの復旧計画を立案・実現できたのはなぜか。望月氏は震災後の2日間、「三陸鉄道が本当に必要な存在なのか」と考え続けたという。この思考の先にその答えがある。同氏が考える「迅速」な対応と「拙速」な対応の違いはどこにあるのか。

 同氏へのインタビューで、その考えの軌跡を追う。

(聞き手:森 永輔)

2021年3月8日 配信開始予定

Focus「三陸鉄道始末記~3.11大地震から全線再開まで」は2021年3月8日より配信を開始します。「WATCH」しておけば、記事の新着がスマートフォンアプリに通知されたり、トップページにお知らせが掲出されたりして読み逃しません。

は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

日経ビジネス電子版有料会員になると…

専門記者によるオリジナルコンテンツが読み放題

著名経営者や有識者による動画、ウェビナーが見放題

日経ビジネス最新号&9年分のバックナンバーが読み放題

[クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

ご利用条件:
有料会員限定

[シリーズWATCH]気になる記事の続きを見逃さない

「このシリーズの続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「WATCH」すると、そのシリーズの新着記事が配信された際に、Raiseの場合はその議論に新しいコメントがついた際などに通知されます。 詳細を読む

ご利用条件:
登録会員以上かつリゾーム登録済み

[誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

ご利用条件:
有料会員限定

[有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

ご利用条件:
登録会員