組織において、専門家の意見が軽視されることがある。政府の新型コロナウイルス対策にても「専門家の意見が軽視されているのではないか」という批判を耳にする。なぜ、こうしたことが起こるのかは、経営学の視点から考えると分かりやすい。

正しくても、伝わらないのはなぜか(イラスト:高谷まちこ)
正しくても、伝わらないのはなぜか(イラスト:高谷まちこ)

 政府の新型コロナウイルス対策には、感染症学や公衆衛生学などの専門家が様々な提言を行っている。科学的な理論やファクトに基づく感染症対策の重要性については、全ての人が認めることだろう。にもかかわらず、その内容が実際の対策に反映されていない、場合によっては、その提言とは正反対の意思決定が行われていると感じられる、と指摘する人は少なくない。

 企業においても、マーケティングや開発、営業、生産、人事といった多様な分野の専門家の意見や分析の結果が重視されず、直感や過去の経験に基づき意思決定が行われているケースがある。

 不確実性や複雑性が高まり、求められる知識や知恵のレベルが高度化していく社会において、専門家の意見やアイデアが無視されることは望ましくない。

 経営学では、専門家が軽視される理由と、それを克服するための方法についての研究が蓄積されている。近年の研究から、組織の中で専門家がぶつかる3つの「壁」の存在が明らかになっており、「それらを克服できた専門家は何をしていたのか」という問いについても、実証的な調査が行われている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6678文字 / 全文7289文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「現場を変える・経営理論の最前線」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。