EC(電子商取引)のイメージが強い中国アリババ集団。しかし『中国アリババの強さの源泉、「達磨院」とは何か』で触れた研究開発機関で先端技術を育て、様々な産業分野に影響を及ぼしている。今回は製造と物流の分野におけるアリババの取り組みを取り上げる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2542文字 / 全文2562文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「アリババの焦燥」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。