IHIは宇宙ごみ(スペースデブリ)を監視し、衛星事業者などのサービス運営を支援している。その観測所はプラント事業などを手掛ける相生事業所(兵庫県相生市)にある。欧州の商業衛星打ち上げ大手、アリアン・グループと協業。上空に放たれた衛星の「見守りサービス」を提供している。

 山陽新幹線の相生駅から車で10分の相生事業所。小高い山の上にひっそりと建つ観測所からは、穏やかな瀬戸内海が見える。この観測所が国内の民間企業で唯一、宇宙デブリを常時監視している拠点だ。

小高い丘にデブリの観測所がある(提供:IHI、以下同)
小高い丘にデブリの観測所がある(提供:IHI、以下同)

 役目を終えたロケットや衛星などデブリは、高速で宇宙空間を行き交う。例えば、直径1cmのアルミ球が秒速7kmで衛星に当たってしまったとしよう。これは、時速30kmで走る1tクラスの自動車がぶつかるのと同じ程度のインパクトがある。小さな衛星にとって多大な影響を与える衝突となる。

 衛星を飛ばす放送・通信などの事業者からすれば、サービスの基盤が破壊されるだけではなく、自らがデブリ増加の加害者になってしまう可能性もある。

 公的には宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、保有する人工衛星の安全な運用を目的に光学望遠鏡やレーダーでデブリを観測してきた。米国防総省の情報も活用しながら、衛星の軌道などを決定していた。

 だが、これらは基本的にオープンに活用できるわけではない。そこで駆け込み寺となってきたのがIHIだ。10年ほど前からデブリを観測しており、15年に有償で観測データの提供を始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1366文字 / 全文1998文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ついに来た宇宙経済ビッグバン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。