役目を終えて不要になった人工衛星やロケットの残骸、宇宙ごみ(デブリ)。衛星などにぶつかれば、放送・通信をはじめ様々な地球上の経済活動に影響を与える。デブリ除去による宇宙の持続的な開発、いわば「宇宙のSDGs」に先陣切って挑むのが日本のスタートアップ企業、アストロスケールホールディングス(東京・墨田)だ。

 「人生最良の日だ」。7月20日、米アマゾン・ドット・コムの創業者、ジェフ・ベゾス氏は叫んだ。この日、ベゾス氏が設立した米ブルーオリジンが、同氏を含む4人を乗せて初の有人宇宙飛行を実施した。短時間で地球に帰還、ブルーオリジンは有料で客を乗せる商業飛行の第1弾だと位置づけている。

 ブルーオリジンの成功は、観光やエンターテインメントの分野で宇宙利用が進む時代の幕開けと言える。ハリウッドスターのトム・クルーズ氏は国際宇宙ステーション(ISS)での映画撮影を計画しており、20年5月に米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官が「トムと撮影できることに興奮している」と言及した。

 宇宙を巡る華やかな話題が続く中で、危機感を強める1人の日本人がいる。アストロスケールの岡田光信最高経営責任者(CEO)だ。

アストロスケールの宇宙デブリ除去の実証衛星「ELSA-d」はロシアのソユーズロケットで3月に打ち上げられた(提供:アストロスケール、以下同)
アストロスケールの宇宙デブリ除去の実証衛星「ELSA-d」はロシアのソユーズロケットで3月に打ち上げられた(提供:アストロスケール、以下同)

 宇宙開発が進めば進むほど、デブリ除去が不可避になる。地上では、持続可能な開発目標を指して「SDGs」の標語が掲げられているが、宇宙でもSDGsは必要だ――。そんな思いで、デブリ除去の事業化を急いでいる。

 3月下旬、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地。ここから日本や韓国の衛星を載せたロシアのソユーズロケットが打ち上げられた。ロケットは20秒余りで雲の上に消え、世界初のデブリ除去衛星「ELSA-d(エルサディー)」を無事軌道に届けた。この衛星は、デブリ除去の技術を開発してきたアストロスケールが、初めて実証実験のために打ち上げたものだ。

 それから約5カ月後の8月、東京都墨田区にあるアストロスケールのオフィス。エンジニアらは実験準備の真っ最中だった。同社が進めるのは、宇宙に散らばるデブリを見つけ出し、除去する「EOL」と呼ぶサービスの開発だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2819文字 / 全文3722文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ついに来た宇宙経済ビッグバン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。