「大分がアジア初の宇宙港に」──。2020年4月、米ヴァージン・オービットと大分県が提携し、22年の人工衛星打ち上げを目指すという計画が突如発表された。同年9月には内閣府の「宇宙ビジネス創出推進自治体」にも選定。地元では、大分が宇宙産業の一大拠点になるかもしれないと新産業創出に期待が高まる。

米ヴァージン・オービットは航空機で人工衛星を打ち上げる「水平型宇宙港」に大分空港を選んだ(写真=Virgin Orbit/Greg Robinson)

 宇宙港(スペースポート)とは、宇宙船の離着陸場の総称だ。大分県の計画では、国東市の大分空港を活用。ジャンボジェットがロケットを抱えて離陸し、空中から発射させる「水平型」の宇宙港を想定する。

 大分県に宇宙港の話が持ち上がったのは19年のこと。アジアで拠点を検討していたヴァージン・オービットが、国内で宇宙港開港のために活動するSpace Port Japan(スペースポートジャパン)に相談を持ち掛け、大分空港が候補として浮上した。

 大分空港がヴァージン・オービットの目に留まった理由は大きく3つある。1つは地理的条件。打ち上げ用ジャンボジェットが離着陸可能な3000mの滑走路があることや、離陸後すぐに洋上に出られる海の近さなどの条件がそろっていた。

 2つ目は、産業基盤の存在だ。大分には自動車産業や精密機械産業に携わる企業が集積しているため、ロケットや人工衛星の部品生産やメンテナンスに地元企業の技術を活用できる。例えば、H3ロケットでは多くの部品で自動車用部品が使用されているなど、自動車や電子分野と宇宙産業との親和性は高い。18年には、大分県内の中小企業4社と九州工業大(北九州市)が人工衛星「てんこう」を共同開発。打ち上げに成功し、宇宙領域で実績のある企業も出てきた。

 そして3つ目が別府温泉や由布院温泉などの観光資源だ。将来的に、宇宙港の周りには打ち上げ事業者やエンジニア、宇宙旅行へ向かう旅行客や見学者など多くの人が集まる。海外では砂漠のど真ん中に宇宙港が造られるケースもある中、地上の観光資源は集客の強みになる。Space Port Japanの青木英剛理事は「アジア中から観光客が来る可能性もある。『宇宙港経済圏』と呼べるほど大きな波及効果が期待できる」と話す。

続きを読む 2/2 「誰でも宇宙」時代へ

この記事はシリーズ「ついに来た宇宙経済ビッグバン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。