宇宙飛行士だけに許されてきた「宇宙の視点」をソニーが解放する──。

 ソニーは2022年、東京大学と開発した4Kカメラ搭載の小型人工衛星を打ち上げ、衛星から自分好みの地球や宇宙の写真、動画の撮影を楽しめる「宇宙エンタメ」サービスを始める。

ソニーは人工衛星を通じ、宇宙から地球を眺める体験に近づくことで、人の感性が刺激されるのではないかと期待している(画像:ソニー提供)
ソニーは人工衛星を通じ、宇宙から地球を眺める体験に近づくことで、人の感性が刺激されるのではないかと期待している(画像:ソニー提供)

 「トヨタが挑む月面探査、灼熱・極寒の荒野で目指す『ランクル』激走」で紹介したように、技術力を押し出してアプローチするのがトヨタ自動車。これとは対照的に、ソニーは得意のエンタメ領域で宇宙ビジネスに進出する。あえて知見の乏しい宇宙へ飛び出すのは、なぜなのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2356文字 / 全文2623文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ついに来た宇宙経済ビッグバン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。