「中国は、東シナ海で周辺諸国に対して繰り返しているのと同じ挑発行為を、宇宙で米国に対して行っている」

 米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)で宇宙安全保障を専門とするトッド・ハリソン氏は、宇宙で起きている米中摩擦の現状をこう明かした。

 世間に知られるのは、両国による「偉業達成」の明るいニュースばかりだ。2月19日には米航空宇宙局(NASA)の探査車が火星の着陸に成功し、中国も同月10日に火星の軌道に探査機を到達させた。2020年12月に中国は無人探査機を月に軟着陸させ、土壌の採取にも成功している。友好的な技術争い……かに映るが、宇宙における両国の争いには「もう一つの顔」がある。

中国の無人月面探査機「嫦娥5号」は月の土壌の持ち帰りに成功した(写真:ロイター/アフロ)

 他国の衛星に接近して自爆し、その破片で標的を破壊する「キラー衛星」に、レーザーや電波で目標物を破壊したり機能停止させたりできる「指向性エネルギー兵器」――。こうした宇宙兵器を中国だけではなくロシアも保有し、その後を追うようにイランやインドも開発に取り組んでいる。

 ドナルド・トランプ政権で国防長官を務めたマーク・エスパー氏は20年9月、航空関連のカンファレンスでこう中ロをけん制した。「かつて平和だった宇宙を戦場に変えたのはモスクワと北京だ。宇宙に兵器を配備し、我が国の軍事的優位性を奪おうとしている」

 冒頭のハリソン氏によれば、中国は兵器をわざと米国の衛星に接近させたり、米国の衛星の機能停止を想定した軍事テストを繰り返したりして、挑発行為を続けているという。

続きを読む 2/4 米国の「首根っこ」をつかむ

この記事はシリーズ「ついに来た宇宙経済ビッグバン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。