日経ビジネスが電子版や雑誌のシリーズ・特集でお届けしている様々なテーマをもっと深く知りたい。そんなご要望にお応えするため、記事のさらなる理解に役立つ書籍3冊を、本の要約サービス「flier(フライヤー)」がピックアップします。

 日経ビジネスは特集「パワハラ大国ニッポン」で企業価値を毀損しかねないリスクとなっているパワハラをはじめとするハラスメントを取り巻く環境について取り上げました。

 2020年6月施行の「パワハラ防止法」は22年4月に中小企業も適用対象となりました。しかし、「すべての対人トラブルがパワハラになる」との懸念や新しいハラスメントもあり、企業があらゆるハラスメントリスクに対応するのは困難になっています。

 そうした中で急速に契約が伸びているのが企業向けのハラスメント保険です。少子高齢化で保険市場が縮小しているにもかかわらず、20年度の損保大手4社の契約件数の合計は8万に迫り、15年度に比べて4倍以上に拡大しているそうです。大手の担当者は「まだまだ市場の成長余地はある」と言います。

 ハラスメント保険が伸びているのは、パワハラ防止法の施行が理由の1つです。パワハラ防止法では、企業にパワハラ禁止の周知・啓発や、相談窓口の設置、プライバシー保護といった4つの義務を課しています。22年4月に対象になった中小事業主には個人事業主も含まれるため、店主1人と従業員1人のラーメン屋であっても相談窓口の設置やパワハラ防止のための啓発、対応を求められることになります。

 もう1つの理由として新たなハラスメントが増えている点が挙げられます。インターネット上で「ハラスメント 種類」といったワードで検索してみると、いくつかのまとめサイトには、パワハラやセクハラなど一般的な認知度が高いものだけでなく50種類以上のハラスメントが並んでいます。日経ビジネス特集内のコラム「世は『XXハラ』であふれている ハラスメント大全」では様々なハラスメントをまとめています。

 地位など「力」を利用したハラスメントであるパワハラと並んで多いのが「性」に関するハラスメントです。その中にはいわゆる「セクハラ」だけではなく、性的指向(Sexual Orientation)と、自身が認識する性別を示す性自認(Gender Identity)に関するハラスメントである「SOGIハラ」なども含まれています。SOGIハラなどについて詳しく触れているのが、下に紹介する『LGBTとハラスメント』です。

著者:神谷悠一、松岡宗嗣
出版社:集英社
定価:902円(税込)
出版日:2020年07月22日

レビュー

 セクシュアルマイノリティを表す言葉のひとつである「LGBT」は、すでに広く知られる言葉となった。しかし、いまだにその定義が正しく認識されているとは言いがたい。現在でも政治家などの著名人が失言し、インターネット上で炎上する事例はあとを絶たない。そうして表には出てこない日常の一場面でも、誤解や何気ない言葉に傷つけられている人はたくさんいるのではないだろうか。

 2020年6月に施行された「パワーハラスメント防止法」では、性的指向や性自認に対するハラスメントであるSOGIハラや、他人の性的指向や性自認などの極めてプライベートな個人情報を本人の同意なく周囲に暴露するアウティングも、パワーハラスメントのひとつに含まれるようになった。セクシュアルマイノリティに対しての正しい認識を持っていなければ、人を傷つけてしまうことがあるのはもちろん、今後は法的に加害者になってしまう可能性もあるということだ。

 本書は、セクシュアルマイノリティに関する基本的な解説から始まり、日常的に起きがちなLGBTに対する勘違いや差別を豊富な実例とともに紹介している。また、パワーハラスメント法に含まれるSOGIハラやアウティングの詳しい内容など、職場における実務面でも具体的に役立つ教科書だ。

 LGBTという言葉だけを何となく知っているという人や、セクシュアルマイノリティに対しての理解をより深めたい人だけでなく、これまで関心がなかった人にこそ通読していただきたい一冊である。

 法整備などもあって、現在はあからさまなパワハラは減っているともいわれます。その一方でハラスメントに対する社会の認知が高まっていることもあって、誰もが意図せず加害者にも被害者にもなり得る可能性があります。「悪意のないパワハラ」、つまり「グレーゾーンのパワハラ」が増えているのが実情といえるでしょう。

 グレーゾーンのパワハラは責任感のある上司がしていることが多いともいわれます。組織のリーダーはこれまで以上に、自分の振る舞いが誰かを傷つけていないかに注意を払う必要があります。現代にふさわしいリーダーになる上で参考になりそうなのが『AI分析でわかったトップ5%リーダーの習慣』です。

著者:越川慎司
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,650円(税込)
出版日:2021年08月20日

レビュー

 本書は、2020年に刊行された『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』の第2弾である。今回の調査・分析の対象はリーダーだ。前回はbeforeコロナの調査をもとにしたものだったが、今回はwithコロナの調査にもとづいているという。

 トップのリーダーというと、ぐいぐいとメンバーを引っ張っていくような剛腕の人物をイメージしがちだ。しかし本書の集めた膨大なデータとAI分析から浮かび上がる、成果を出し続ける現代のリーダー像は、聴く耳を持ち、内省し、ゆとりを大切にする柔軟な人物だ。

 要約者にとって印象的だったのは、トップ5%リーダーにインタビューをすると、「人に恵まれている」という言葉がよく出てくるというエピソードだ。人は自分の行動を修正するチャンスを与えてくれる存在だからというのだ。そうした言葉が出てくるのは、彼らが聴く耳を持っているからこそだろう。傾聴し、行動を変えることをいとわず、自分の弱みをさらけ出し、周囲と信頼関係を築いていく。こうした新しくも効果的なリーダー像を、単なる経験則やイメージではなく、データ分析や再現実験から提示してくれるのが、本書の最大の特徴だ。

 コロナ禍という大きな変化の時期に、リモートワーク環境にも適応し、成果を上げ続ける。そんなリーダーたちの行動を知ることは、自分の選択肢を広げてくれる。新しいリーダーシップのあり方が問われているいま、押さえておきたい一冊だ。

 結局のところハラスメントを防ぐためには、一人ひとりが互いの違いを認め、相手を尊重することが第一歩となります。人口減に突入している日本では個人がいきいきと働ける環境がますます重要になっています。『マイノリティデザイン』は一人ひとりの違いや弱さを起点にものごとを考えることのヒントになる一冊です。

著者:澤田智洋
出版社:ライツ社
定価:1,870円(税込)
出版日:2021年01月25日

レビュー

 誰でも、「苦手」なことや「弱さ」、「マイノリティ性」を持っているものだ。「マイノリティデザイン」は、たったひとりの「弱さ」を起点にして、世界をより良くしようとする考え方だ。大規模なマーケティングは「マイノリティ」を対象にしないことが大半だろう。マイノリティデザインの考え方は非効率的に思えるかもしれない。しかし、ある人のマイノリティに寄り添ってデザインされたものは、その周辺にいるほかの人にとっても役立つものになるかもしれない。

 たとえば、本書で紹介されている、「あるひとりの人の障害を起点につくられた服」は、障害のあるなしにかかわらず、「かっこいいから」「機能性が高いから」と、さまざまな人に購入されていったそうだ。また、運動音痴である著者は自らを「スポーツ弱者」と呼び、自分のマイノリティ性から出発して、誰でも楽しめる「ゆるスポーツ」をつくった。これは、結果的に運動が苦手な多くの人を巻き込みながら、障害者と健常者が対等に勝負できるプラットフォームになっている。

 自分のあるがままを認めて、「弱さ」を克服せずに社会の側を変えてしまう。そんな「マイノリティデザイン」は、働くことや生きることの意味を改めて考えさせてくれる。多種多様な「マイノリティ」に合わせて変わった先の社会は、多くの人にとって息の吸いやすい世界になっているのではないか。そんな希望に溢れる一冊だ。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

この記事はシリーズ「本の要約サービスflier×日経ビジネス 記事をより深く知るための3冊」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。