岸田文雄政権の支持率はこのところ、大きく低下している。岸田政権が発足して1年の10月4日、僕は岸田氏と会い、思うところを述べた。

支持率が低迷する岸田文雄首相(写真=AP/アフロ)
支持率が低迷する岸田文雄首相(写真=AP/アフロ)

 岸田政権の支持率が低下する最大の理由は、自民党と旧統一教会(世界平和統一家庭連合)との関係である。自民党の国会議員のうち旧統一教会と何らかの関係を持つ議員が半数近くにおよぶことが分かってきたが、岸田氏は特に関係の深かった議員に対しても、断固とした処分ができていない。

 なぜできないのか。これは岸田氏が、最大派閥の安倍派に気を使っているからだろう。例えば、亡くなった元首相、安倍晋三氏と旧統一教会との関係について調べようとしない。

 しかしこのままでは国民は納得しない。僕は、自民党が第三者委員会をつくって調査すると同時に、与野党で協議して政治とカルト宗教との関係を断つ厳正な法規制をつくるべきだ、と考えており、そのことを岸田氏に伝えた。

 安倍氏の国葬も支持率低下の要因になった。僕は国葬に反対ではなかったが、実施するのならば国会を開いて堂々と説明してからにすればよかったと思う。国会で説明しなかったのも、安倍派に忖度(そんたく)したのではないだろうか。もう1つ、ささやかれているのが、自民党副総裁の麻生太郎氏が安倍氏の国葬を望んだからという理由だ。岸田氏は国政の運営で麻生氏を頼りにしているため、その意向が反映されたというわけだ。

 岸田氏にはさまざまな話をした。経済は今の日本の最大の問題だ、と僕は思う。終身雇用、年功序列に代表される日本的経営を抜本的に変えるべきだと僕は伝えたが、これは本当にむずかしい。どの省庁も既得権益を守ることを最優先し、抜本的改革には大反対するからだ。それでも死にものぐるいでやってほしい、と僕は岸田氏に言った。

 いろいろ話す中で、岸田氏の関心を感じたテーマが教育改革だ。

 教育問題を話したのは、岸田氏に会う前日、僕は早稲田大学総長の田中愛治氏と日本の教育について語り合う機会があり、これが1つのきっかけになった。教育について僕は、元首相の宮沢喜一氏がこう言ったのを覚えている。「先進国首脳会議などで日本はまったく発言できない。これは英語力のせいではない。日本の教育は、用意された正解を探す教育だからだ」。正解のない問題を論じるには想像力が必要だが、日本では想像力を育てる教育をしていない。そして政治は典型的な「正解のない問題」である。想像力があれば、さまざまな人が意見を出し、議論することもできる。すぐに効果の出る分野ではないが、教育改革は欠かせない。

 岸田政権の今の支持率は、他の国なら政権交代の動きが出てきても不思議ではない。ところが野党には力がなく、自民党内部からも一向に岸田降ろしや批判の動きが見られない。かつてならこうした問題が起これば、党内の派閥抗争もからんで、首相が退陣に追い込まれることは珍しくなかったが、今は無風に近い状態だ。

 その理由は、以前から指摘してきたように、小選挙区制になったことで党の執行部の公認を得ないと選挙で勝てなくなり、執行部に従順な人ばかりになったことが大きい。加えて、かつての民主党政権のときに下野した経験から、どの自民党議員にも、党内で争って政権を失っては元も子もないというおそれがあるのかもしれない。岸田氏を降ろす動きを見せれば、孤立してしまうと考えているのだろう。

次ページ 「弱い日本という認識」を持つ岸田氏